住宅ローンフラット35について

住宅ローンフラット35とはどのような利点があるのか解説。

■フラット35


1,フラット35の概要

フラット35とは、民間金融機関(銀行などがメイン)が住宅金融公庫と提携して実現した長期固定金利の住宅ローンのことで金利が変化しない(フラット)最長35年の住宅ローンなのでフラット35という名称が付いています。

2,フラット35の一般的なローン審査基準

・申し込み時の年齢が70歳未満で安定した定職についていること。
・フラット35のローンの毎月返済額に対して4倍以上の税込み月収があること。
・フラット35とその他のローン返済額の合計金額が年間返済額の年収に占める割合に対し一定の基準を満たしていること。

3,一定の基準について

・年収300万円未満は25%以下。
・年収300万以上400万未満は30%以下
・年収400万以上700万未満は35%以下
・年収700万以上は40%以下

住宅ローン以外の月々のローン返済額が以上のような割合%に抑えられていることが条件です。

4,フラット35の融資額

・融資限度額は8000万円まで。
・融資率は物件購入額の80%まで。

■フラット35と住宅の安全性


住宅金融公庫の住宅ローンが利用できる物件同様フラット35が組める物件は一定の耐久性、耐震性などをクリアしなければならないため住宅の質としても他の物件と比較して安心できます。

フラット35利用可やフラット35付きと明示されている物件がこれに当たります。

マンション、一戸建て、各中古物件問わず審査が行われ、特に中古物件については審査が厳しいため中古物件を選ぶときにフラット35が使えるか否かは信頼できる物件か判断するのに便利な判断材料になるかと思います。



CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.0