マンションと一戸建て維持費の比較

マンションと一戸建て、本当に維持費がかかるのはどちらでしょう?

■マンションと一戸建ての比較⑥維持費


買うときには見落としがちな維持費。管理費がかかるマンションは一見高そう・・・でも一戸建ては建て替えたら長い目で見たときマンションより高いのでは!?

状況によってもかなり異なってくるので具体的な参考にはならないかもしれませんが一例として考えていただければお役に立てるかと思います。

■マンションの維持費


※僕が見積もりを出してもらったマンションの管理費、積み立て修繕費、駐車場で試算しましたので実際には購入したい物件で計算してみてください。

・管理費2万円(積み立て修繕費含む)、駐車場代8000円として35年間で計算すると。

28,000×12×35=11,760,000円になります。

↑千百七十六万円です。桁を確認してくださいネ!ビックリです。
しかもこの中には管理費上昇分と大規模修繕一時金の金額が入っていません。

■一戸建ての維持費


※一戸建ての場合固有差が大きく一概に¥いくらという試算ができない点が問題ですが5年後50万、10年後100万、20年後100万、35年後建て替えで1000万というアバウトな試算をしてみましょう。

50+100+200+1000=13,500,000円

↑さらに一戸建ての場合冷暖房費などの効率がマンションと比べて悪い傾向にありますので隠れた支出がありそうです。

■マンションと一戸建てどちらの維持費が高い?


これだけみると一戸建てのほうが高い!?一概には言えませんが一戸建てはこれ以外にも庭の手入れなどもありますので場合によってはもっとかかるかもしれません、しかし35年で建て替えというのも今の建築だと早いですし、有料メンテナンスをしっかりやっていれば40~50年は持つというのが一般的のようです。

マンションは一時金の徴収などはあるものの比較的予定が立てやすいのがメリットといえる。あとは一戸建てと比較して天災などの影響も受けにくい点も有利でしょう。一戸建てと違いいくら管理費を払っても簡単に建て替えというわけには行かない点がやや問題であるので支払い金額は少なくても価値的には?。

※↑実は都内のマンションを調べてわかったのですが管理費だけで3万円というところもあったのでこういう場合は明らかにマンションが不利でしょう。

■マンションと一戸建て維持費の比較結論


35年で一戸建てを建て替えた時点では一戸建てのほうが費用がかかるがその後追い上げて40~50年で徐々にマンションの方が高くなる。

これは例え家を建て替えたとしても人生で一回。マンションは永久に管理費は減ることは無く、古くなって過疎化したマンションは一人当たりの管理費も高くなり徐々に追い越していくという計算からです。

↑あくまでアバウトな計算ですがそういうことになります。
※目安にしてください。管理費、駐車場代、一戸建ての維持費は個体差が大きいので必ず購入予定物件で計算してください

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.0