マイホーム購入一戸建ての欠点

マンションと一戸建て比較購入。マンションも一戸建ても欠点は存在します。

一戸建て購入の欠点を挙げてマンションと一戸建てを比較していきます。

■マンションと一戸建ての比較③一戸建て購入の欠点


■修繕などは全て自己責任で、補修・建て直しに向けて自分で計画を立てて貯金しなければならないというプレッシャーがある。

・↑それに加えて永住するなら一回は建て直しが必要であろうと思われる最低でも一千万円以上必要であろうとされる資金も貯めなければならない。


■日本は土地が高いため首都圏平均では、家と土地の価格比率が1:2になっており、特に都内では1:3以上になることもざらである。まさに家を買うのではなく土地を買ったら家が付いてきた、といった感じの値段設定であることから同じ価格で考えるとマンションに機能的には圧倒的に引けを取る。

※僕の場合駅から遠く、都心でもないので1:1くらい、しかし車を10分も走らせないうちに1:2以上の値段になってしまうのが土地の値段の恐ろしいところ。

↑それに関連して、もし土地の値段が暴落したときには資産としての価値がますますマンションよりなくなってしまう。


■セキュリティーがついた建物の中にあるマンションの玄関と違い、扉一枚向こうは外なのでセキュリティー面でも徹底しないと不安が残る。


■密集住宅地では隣接する家が近すぎて日当たりが確保できない。良い日当たりを確保するだけの土地を求めると高くなってしまう。


■土地の利便性、「駅」などを近くに求めた場合、価格的に非常に高額になってしまう上に固定資産税も跳ね上がる。


■生活スペースの分散により、照明、エアコン使うとエネルギーが分散しマンションよりも効率が悪く僕のテーマの一つでもある節約にも非常に不利である


■生活スペースの分散によって移動する「動線」は長くなり、特に洗濯を干しに二階に上がるといった行為は主婦の皆様にとっては重労働以外何ものでもないと言ったところでしょうか?さらに掃除の負担も大きいですし、小さいお子様がいればなおさらでしょう。


■マンションと一戸建て比較・一戸建ての欠点まとめ


ここで挙げさせていただいたのは僕が思いつく限りの一例です。参考になればと思います。

一戸建ても結構欠点があります・・・上記の欠点の中で決定的に許せない点があったら考え直さなければならないかもしれませんね。

マンションと一戸建ての利点、欠点をきちんと研究してよりよいマイホーム購入をしていただければ幸いです。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.0