マイホーム購入一戸建ての利点

マンションと一戸建て比較購入。利点を知ってマイホーム購入の構想を!

一戸建て購入の利点を挙げてマンションと一戸建てを比較していきます。

■マンションと一戸建ての比較④一戸建て購入の利点


■強制的に徴収される管理費と違って自分の計画で修繕費をためる気楽さがあり、切羽詰れば何もしなくてもお咎めはない。


■ローンを払い終われば固定資産税だけ払えば住み続けることができ、固定資産税の※減価償却もマンションの半分程度なのでローンを払い終える間近では土地に対する固定資産税払えば済めるような状態になるので老後が安心。

※減価償却:建物の価値が無くなるとされるまでの年数。これによって建物にかかる固定資産税が徐々に減額されていく。


・↑僕は厚生年金を強制的に徴収されるサラリーマンですが、今の状態で将来年金がきちんと支給されるでしょうか?最悪のケースを想定した場合老後の負担を軽くするのが一番と言う理由が最大の決め手でした。


■すでに暴落しきった土地の値段。これ以上の下落は考えられてもあと少し、上昇の可能性のほうが高いので、例え”家付きの土地”状態の価格でも将来的に土地を資産としてロス無く残せる可能性が高い。

・↑確実に価値が落ちていく建物の値段と違い、土地の価値はそういった理念が無いため資産として建物より安定している。このことから同じ価格で購入した場合、土地の値段の割合の高い一戸建てのほうが資産として安定して老後に残せると言うこと。

■周りからの音も、自分で出す音も常識の範囲なら気にせずに生活でき、音楽鑑賞や音楽を趣味とする人はなおさらでしょう。


■ペットやガーデニングなどの趣味の幅が広がりやすい。

※↑最近はペットOKのマンションやバルコニーでガーデニングなどは十分にできるマンションも数多くあります。


■第一種低層住宅地に定められた住宅地域であれば近くに高い建物が建つ心配も無く、周りの変化も少ないので現在の日当たりなどを永年確保できる。

※↑都市開発などには立ち退きの可能性があるので注意!


■生活の大きな変化があったときに建て替え、リフォームの融通が利くので仮に二世帯にするなんてことも不可能ではありません。

※↑2×4工法の住宅は壁自体に強度を依存しているため壁を壊して一つにするなどが出来ないことが多いので要注意です


■マンションと一戸建て比較・一戸建てのまとめ


ここで挙げさせていただいたのは僕が思いつく限りの一例です。参考になればと思います。

一戸建ての利点に関しては僕自身が一戸建てを購入していますので少しひいきして書いてしまったかもしれませんが欠点も知った上で参考にしてください。

マンションと一戸建ての利点、欠点をきちんと研究してよりよいマイホーム購入をしていただければ幸いです。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.0