住宅購入時の諸費用

本当に最低限必要な住宅購入時にかかる諸費用はいくらでしょうか?

■住宅購入時の諸費用


ズバリ!住宅購入の諸費用は住宅ローンなどの諸費用分(頭金0円の場合)と購入後の最低限のお金は2000万~3000万の一戸建ての購入で200~300万は絶対に必要になります。

マンション購入時はもう少し諸費用が安い場合が多いですがケースバイケースなんで実際に気に入った物件を見つけてから具体的な話をするとしても、余裕を見て1割というのが目安でしょう。余る分には困りませんから住宅購入の諸費用は多めに見ておきましょう。

1割という金額は人それぞれでしょうが僕の場合はマイホーム購入後の最低限の蓄え込みでこの金額です。実際にかかる諸費用はもう少し少ないです。

僕の場合は住宅ローンを含む諸費用(税金、火災、地震保険、登記、手数料、全て込み)で約160万くらいかかりました。そのほかに引越し(僕は自力)、照明、カーテンなど意外と最低限と思っていてもお金がかかります。

ちなみにマイホーム(一戸建て)本体は2500万、ホントは2580万だったんですけどね・・・家って値引き可能なんですね!いってみるもんです。

話は戻りますが160万ということなんですがマンションの場合諸費用がもっと安い場合があります。ケースバイケースなんで実際に気に入った物件を見つけてから具体的な話をするとしても、余裕を見て1割というのが目安でしょう。

住宅購入時の諸費用一覧


・仲介手数料(売主直売の場合はない)
・契約印紙税
・ローン契約印紙税
・融資手数料
・ローン保証料
・住宅総合保険(火災、地震など)
・登記免許税
・司法書士報酬
・固定資産税、都市計画税
・不動産取得税

そのほかにかかる費用


・引越し代金
・カーテン
・照明器具
・家具など
・追加工事などの費用

住宅購入時にかかる本当の諸費用は?


住宅購入時の諸費用がいくらかかるかを本などで調べた場合大抵3000万の物件で800万から900万はという話が書かれています。内訳としては頭金で物件価格の2割、プラス引越し費用や何かあったときの貯蓄が2~300万必要といった感じです。

本でこれを読んだとき私はマイホームはあきらめた方がいいと思いました。貧乏な庶民はマイホームを持てない時代になったのだと思ってしまいました。

しかし実際に計算してみると本当にその金額が必要なのか疑問になりました。確かに本に書いてあるとおりの返済計画と貯蓄があれば安心です。だからといって賃貸の家賃を払いながらそれだけの金額を貯金するのは難しい。

私が思ったのは、「そんなお金を貯めている時間があったら住んでいる賃貸に払い込んでいるお金を住宅ローン返済にまわしたい。その中で貯金を繰り上げ返済にまわすのが最も効率の良いマイホーム購入と住宅ローン返済なのでは?」ということです。

だからマイホームを買うなら少々無理をしても早く手に入れたい!そんな方のために本当に必要な初期費用を書き出して見ました。僕の場合の実例ですので、全てに当てはまる物ではないと思いますが参考にしてください。

物件以外にこんなにも費用がかかるとは僕も最初は思いませんでしたが、これくらいかかるということを頭においてプランニングを進めていきましょう。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.0