コーティング剤個別解析

ガラス(繊維)系、純ガラス、テフロン系のコーティング剤の実験結果から分かった効果性能、レビューなど



G-hardの効果、性能

コーティング剤比較実験で明らかになったG-hardの効果、性能、性質について

■石英ガラスコーティング剤G-hardの効果、性能、性質


ガラスコーティングG-hardの性質

G-hardは純ガラス系で石英ガラスコーティングまたはシリカ系ガラスコーティングと呼ばれる部類のコーティング剤で、空気中の水分等と化学反応を起こして純粋な石英ガラスを塗装面に常温化学結合させる性質を持っています。

ガラスコーティングG-hardの耐久性

G-hardの使用感としては下地処理から正確な施工をした場合の耐久性は実質的に劣化を起こさない為耐久性は数年あると思われます。しかしながら付着物を落とす為の洗車を含めた物理的な摩擦などによって確実に被膜の劣化や剥離は起こってきます。

このことを考慮したG-hardの耐久性、効果持続性は6ヶ月~1年程度が妥当かと思われます。施工の回数や重ね具合によっても耐久性を高めることが出来そうです。

G-hardの傷消し性能と艶

※これから実験予定です。

G-hardの耐イオンデポジット性能(防汚性能)

ブリスやアクアクリスタルなどのガラス繊維系コーティングと比較すると最初から疎水性~弱親水性で撥水能力は低い感じでしたが耐イオンデポジット比較ランキングからも分かるとおりイオンデポジットに対する能力はかなり不満が残ります。

しかし後から分かったのですが施工初期特有の症状のようでその後は特別イオンデポジットが付きやすいようなことはありませんでした。とは言え施工初期に雨が降らない保証はありませんし付着してしまったイオンデポジットも強力だったので対処に困ります。

ただしコーティング被膜の性質自体も丈夫なので謳っている通り石英ガラス被膜であればキレート剤などで水垢の輪染みなどを効果的にコーティング面から封鎖分解することが可能です(後述の裏技参照)

G-hardの撥水、疎水性

コーティング施工後初期から弱親水性に近く撥水はあまりしません。ただし細かい雨滴では大きな水滴となりウォータースポットの原因とはなりませんが施工後初期に限ってイオンデポジットとして残りやすい傾向にあります。

特徴として状態変化が少なくコーティング施工後1ヶ月程度で変化があったら以後は長く弱親水の状態が続き、この頃には耐イオンデポジット性能が高くなることから 本来の状態は弱親水状態の性質といえそうです

G-hardの鉄粉防御性能

さすが純ガラスコーティング剤を謳っているだけの事はあり鉄粉の取れやすさは他のガラス繊維系コーティング剤を圧倒しました。鉄粉に対する性能の実験と結果は下記リンク先を参考にしてください。

しかしながら鉄粉のような物理的に塗装面に働きかけるダメージを完全に防御できるコーティング剤などありません。軽減に有効と考えておきましょう。有効度は鉄粉防御性能比較ランキングを参考にしてください。

G-hardの施工難易度と施工のコツ

他のガラス繊維系コーティングと呼ばれているタイプと異なり水分を嫌います。そのためコーティングに適した下地を作って洗車をした後に完全に水分を除去して施工しなければならない為、施工は比較的シビアです。

更にきれいに仕上げるコツはコーティング剤を極力薄く塗り伸ばすことです。コーティング被膜となるのはμ(ミクロン)単位ですので薄く塗り伸ばし余剰分のコーティング剤を極力出さないようにしましょう。

もちろん下地処理、もしくは磨きを行った方がより良い効果を発揮しますが、最も簡易的にガラス繊維系コーティングの効果を楽しみたい方にはオススメのコーティング剤です。

G-hardの裏技メンテナンス

純ガラス系を謳っているコーティング剤は洗車で落ちない汚れが付着したら研磨して再施工するしかありません。<削除>ワンには専用のメンテンスクリーナーもありませんので厄介です。裏技でキレート剤で裏技水垢落としもありますが効果の保証はできません。

参考としてG-hardははっきりと石英ガラスの被膜と謳っているのでキレート剤によるコーティング被膜破壊の可能性は薄いかと思います。専用のシャンプーやクリーナーもあるようですが固着が激しいイオンデポジット等には効果が薄いように思えます。

■G-hardに関する疑問やウワサ


ガラス(系)コーティング全般に言えることなんですが、表現による誤解なのか誇大広告と取るのかは人それぞれでしょうが、まず被膜硬度と成分についてです。

被膜硬度について

μ単位の被膜なので塗装が硬くなるというイメージを湧かせてしまいますが実際は塗装面の硬度は硬くなりません。塗装の硬度に依存するはずです。かといって硬度に意味がないわけではなく表面処理と捕らえてればいいのではないかと思います。

G-hardに関しては珍しく被膜厚を公表しておりその膜厚は0.01μで施工を重ねることによって0.05μ程度まで調整することが出来るようです。さらに硬度は塗装硬度に依存することも記載されており誤解を招く表現はされていません。

機械産業などでは耐摩耗性向上などのためにμ単位の被膜処理は当たり前に行われていますので、表面被膜の硬度向上が何も機能していないということはないと思います。

油脂成分について

艶出し剤としての脂分は入っていないように感じます。臭いからいっても揮発させる為のアルコールが入っているのか?といった感じです。ガラス系コーティング剤過熱実験からも分かるとおり可燃性の成分が入っていることは確かです。

以上 G-hardの効果性能と使用(レビュー)感です。更に実験と検証を進めて情報を追加していく予定です。

アクアクリスタル効果・性能

コーティング剤比較実験で明らかになったアクアクリスタルの効果、性能、性質について

■ガラス繊維系コーティング剤アクアクリスタルの効果、性能、性質


アクアクリスタルの性質

アクアクリスタルはガラス繊維系と呼ばれる部類のコーティング剤で、ガラス繊維をバインダー等を利用してボディーに結合させる高密度ポリマーコーティングです。アクアクリスタルに関しては成分中に界面活性剤(洗浄剤)を含んでおり汚れを落とす効果も発揮します。

アクアクリスタルの耐久性

アクアクリスタルの使用感としてキチンとした施工であれば耐久性は公表効果の3ヶ月持続しそうです。コーティング初期の弱撥水は1ヶ月もしくは洗車などで親水に近い疎水性へと変化していきます。

坊汚性能、艶など総合的に見て効果が衰えてくるのは2ヶ月目くらいからで、洗車回数などに影響されることから被膜の結合が他のガラス繊維系(ブリス、クリスタルガードワン)と比較して弱いように感じられます。よって効果持続性3ヶ月の公表は妥当かと思います。

使用環境などにも左右されると思いますのでアバウトに参考にしてください。下地と重ね施工によってかなり効果が違ってくるようです。ガラス繊維系メンテクリーナーの施工と使用方法でいつまでもキレイな状態を保てます。

アクアクリスタルの傷消し性能と艶

コーティング剤の実験によって作成したコーティング傷消し性能比較表でも実証されたように、コストパフォーマンスから考えると優秀なコーティング剤といえます。

艶はシャープ系の輝きで輪郭をはっきり見せます。ブリス、クリスタルガードワンと比較しても全く見劣りせずどちらかと言えば艶の感じはクリスタルガードワン寄りになるかと思います。

アクアクリスタルの耐イオンデポジット性能(防汚性能)

ブリスなどのガラス繊維系コーティングと比較すると弱撥水性を保つ期間が短く、イオンデポジット、ウォータースポット防止性能に優れていていそうな感じを受けますが実際に実験した感じでは同等のレベルでした。

汚れの付着防止性能も比較的高く付着しても落としやすいのが特徴です。セルフクリーニング効果については親水性に近づいていく為高めで大雨の後などの汚れは残りにくくなっています。

酸性雨や洗車中に焼きついてしまった水道水によるイオンデポジットでシミができてしまった場合はガラス繊維系メンテクリーナーでほぼ対応できます。

アクアクリスタルの撥水、疎水性

最近は疎水性という言葉をよく聞きますが疎水性=弱撥水性と考えてしまっていいかと思います。アクアクリスタルは初期は疎水性で時間と洗車を重ねるごとに親水性へと近づきます。ブリスとクリスタルガードワンの間くらいの感じです。

ガラス系全般ですが初期の撥水性が原因でウォータースポットやイオンデポジットになるということはありませんので気にするレベルではありません。

アクアクリスタルの鉄粉防御性能

純ガラス系には及ばないものの手軽にDIYコーティングできる商品としては最高峰の鉄粉防御性能を誇りますので鉄粉対策には効果的なコーティング剤といえます。しかしながらアクアクリスタルは効果持続期間が短めなので重ねがけなどで対応した方が良さそうです。

時間が進むに連れてコーティング被膜の効果は薄れ鉄粉の定着性は上がっていきますので洗車の定期的な実施とコーティングの施工(重ねがけ)は基本的に行いましょう。

鉄粉のような物理的に塗装面に働きかけるダメージを完全に防御できるコーティング剤などありません。軽減に有効と考えておきましょう。有効度は鉄粉防御性能比較ランキングを参考にしてください。

アクアクリスタルの施工難易度と施工のコツ

他のガラス繊維系コーティングと比較してムラになりにくくイージーな施工難易度であることが特徴です。成分の違いとして界面活性剤(洗浄成分)が入っている為、元々塗装面についている汚れや油分の影響を受けにくいことが挙げられます。※施工中の乾燥には注意が必要です。

更にきれいに仕上げるコツはコーティング剤を極力薄く塗り伸ばすことです。コーティング被膜となるのはμ(ミクロン)単位ですので薄く塗り伸ばし余剰分のコーティング剤を極力出さないようにしましょう。

もちろん下地処理、もしくは磨きを行った方がより良い効果を発揮しますが、最も簡易的にガラス繊維系コーティングの効果を楽しみたい方にはオススメのコーティング剤です。

アクアクリスタルの裏技メンテナンス

期間の経過などでコーティング被膜が荒れていくのはどのようなコーティング剤でも避けられません。そんな時再施工やメンテナンスを効果的に行う方法を考案してみました。クリスタルガードワンに限らず他のガラス繊維系コーティング剤にも応用できます。

アクアクリスタル専用のポリッシュクリーナーもありますがカルナバロウを含んでいますので、ガラス系にこだわるならあまりオススメできません。ガラス繊維系メンテクリーナーに効果的な方法を記載しましたので是非参考にしてみてください。

■アクアクリスタルに関する疑問やウワサ


ガラス繊維系コーティング全般に言えることなんですが、表現による誤解なのか誇大広告と取るのかは人それぞれでしょうが、まず被膜硬度と成分についてです。

被膜硬度について

μ単位の被膜なので塗装が硬くなるというイメージを湧かせてしまいますが実際は塗装面の硬度は硬くなりません。塗装の硬度に依存するはずです。かといって硬度に意味がないわけではなく表面処理と捕らえてればいいのではないかと思います。

機械産業などでは耐摩耗性向上などのためにμ単位の被膜処理は当たり前に行われていますので、表面被膜の硬度向上が何も機能していないということはないと思います。

油脂成分について

コレも難しいんですが実際に艶出しには油脂成分が入っているように感じます。(あくまでも憶測ですが)ココで問題なのは何を持ってして「油」とするか。定義を言い出したらキリが無いのでしょうが、石油系、動植物油を含まないという解釈でしょう。

ようはシリコンオイルはオイルと付くくらいなので油には違いないのですが、鉱物油や動植物油などの天然の油ではなく100化学合成油です。シリコンオイルを「従来の油脂成分を含まない」と表現しているようす。確かに性質は全く異なりますが誤解を招く表現に取れます。

以上アクアクリスタルの効果性能と使用レビューです。更に実験と検証を進めて情報を追加していく予定です。

クリスタルガードワン効果・性能

コーティング剤比較実験で明らかになったクリスタルガード・ワンの効果、性能、性質について

■クリスタルガードワンの効果、性能、性質


クリスタルガードワンの性質

クリスタルガード・ワンはガラス繊維系と呼ばれる部類のコーティング剤で、ガラス繊維(公表の表現はクリスタル)をバインダーで珪素・フッ素樹脂などと一緒に強力に結合させる高密度ポリマーコーティングです。

クリスタルガードワンの耐久性

クリスタルガードワンの使用感としてキチンとした施工であれば耐久性は公表効果の6ヶ月持続しそうです。コーティング初期の弱撥水はすぐに親水性に近い疎水性になり艶に関しても状態維持に関しても公表どおり6は月の持続はするでしょう。

坊汚性能、艶など総合的に見て効果が衰えてくるのは6ヶ月よりもっと早く4ヶ月くらいから感じ取れそうです。6ヶ月は再施工の目安ということでしょう。使用環境などにも左右されると思いますのでアバウトに参考にしてください。下地と重ね施工によってかなり効果が違ってくるようです。

ガラス繊維系メンテクリーナーの施工と使用方法でいつまでもキレイな状態を保てます。

クリスタルガードワンの傷消し性能と艶

コーティング剤の実験によって作成したコーティング傷消し性能比較表でも実証されたように、細かな傷を目立たなくする性能は私の知るコーティング剤の中ではTOPクラスのコーティング剤です。

艶という1点でこだわるのなら好き嫌いが分かれるところでワックス系に近い感じを求めるならブリス、輪郭がシャープに見える輝き重視ならクリスタルガードワンといった感じで甲乙付けがたく好みによるでしょう。

クリスタルガードワンの耐イオンデポジット性能(坊汚性能)

他のガラス繊維系コーティングと比較すると(例えばブリス)弱撥水性を保つ期間が短く、イオンデポジット、ウォータースポット防止性能に優れていていそうな感じを受けますが実際に実験した感じでは同等のレベルでした。

汚れの付着防止性能も比較的高く付着しても落としやすいのが特徴です。しかしながらセルフクリーニング効果については親水性に近づいていく為高めで大雨の後などの汚れは残りにくくなっています。

酸性雨や洗車中に焼きついてしまった水道水によるイオンデポジットでシミができてしまった場合はガラス繊維系メンテクリーナーでほぼ対応できます。

クリスタルガードワンの撥水、疎水性

争点になりやすい疎水性という言葉をよく聞きますが疎水性=弱撥水性と考えてしまっていいかと思います。それを考えるとクリスタルガードワンの初期は弱撥水性なので水玉にならないという表現は少し違うかと思います。

ただし他のガラス繊維系より親水に近い感じの疎水に変化するスピードは速いことから違いとしては確認できます。ガラス系全般ですが撥水だからウォータースポットになるということはありませんので気にするレベルではありません。

それでもなるべく水玉にならないほうが良いというユーザーには1番オススメなガラス繊維系コーティング剤だといえます。

クリスタルガードワンの鉄粉防御性能

純ガラス系には及ばないものの手軽にDIYコーティングできる商品としては最高峰の鉄粉防御性能を誇りますので鉄粉対策には効果的なコーティング剤といえます。ただし時間が進むに連れて鉄粉の定着性は上がっていきますので洗車は基本的に行いましょう。

鉄粉のような物理的に塗装面に働きかけるダメージを完全に防御できるコーティング剤などありません。軽減に有効と考えておきましょう。有効度は鉄粉防御性能比較ランキングを参考にしてください。

クリスタルガードワンの施工難易度と施工のコツ

ムラになりやすいとの声がよく聞かれますが下地に問題があればムラや効果半減の原因となります。塗装面が荒れている場合は研磨性のある水垢落としを使用するか磨きを掛けるのが効果的です。

もう1つはコーティング液の使いすぎです。コーティング被膜となるのはμ(ミクロン)単位ですので薄く塗り伸ばし余剰分のコーティング剤を極力出さないようにしましょう。

施工を1回キチンと行えば後は非常に楽に施工できます。最初にキチンと掛けるのはどのコーティング剤も一緒で施工は面倒ですが、アフターメンテナンス及び再施工の難易度は低く、簡単で10分程度で完了します。

クリスタルガードワンの裏技メンテナンス

期間の経過などでコーティング被膜が荒れていくのはどのようなコーティング剤でも避けられません。そんな時再施工やメンテナンスを効果的に行う方法を考案してみました。 クリスタルガード・ワンに限らず他のガラス繊維系コーティング剤にも応用できます。

ガラス繊維系メンテクリーナーにその方法を記載しましたので是非参考にしてみてください。

■クリスタルガードワンに関する疑問やウワサ


ガラス繊維系コーティング全般に言えることなんですが、表現による誤解なのか誇大広告と取るのかは人それぞれでしょうが、まず被膜硬度と成分についてです。

被膜硬度について

μ単位の被膜なので塗装が硬くなるというイメージを湧かせてしまいますが実際は塗装面の硬度は硬くなりません。塗装の硬度に依存するはずです。かといって硬度に意味がないわけではなく表面処理と捕らえてればいいのではないかと思います。

機械産業などでは耐摩耗性向上などのためにμ単位の被膜処理は当たり前に行われていますので、表面被膜の硬度向上が何も機能していないということはないと思います。

クリスタルガードワンは特に「クリスタルガラス繊維」という私には意味不明な素材を成分として掲げていますので非常に良いコーティング剤なのに叩かれないか心配です。

油脂成分について

コレも難しいんですが実際に艶出しには油脂成分が入っているように感じます。(あくまでも憶測ですが)ココで問題なのは何を持ってして「油」とするか。定義を言い出したらキリが無いのでしょうが、石油系、動植物油を含まないという解釈でしょう。

ようはシリコンオイルはオイルと付くくらいなので油には違いないのですが、鉱物油や動植物油などの天然の油ではなく100化学合成油です。シリコンオイルを「従来の油脂成分を含まない」と表現しているようす。確かに性質は全く異なりますが誤解を招く表現に取れます。

以上 クリスタルガード・ワンの効果性能と使用感です。更に実験と検証を進めて情報を追加していく予定です。

ブリスの効果・性能比較

コーティング剤比較実験と実際の使用感から明らかになったブリスの効果、性能、性質について

■ガラス繊維系コーティング剤ブリスの効果、性能、性質


ブリスの性質

ブリスはガラス繊維系と呼ばれる部類のコーティング剤で、ガラス繊維素をセルロース等のバインダーでフッ素樹脂などと一緒に強力に結合させる高密度ポリマーコーティングです。

ブリスの耐久性

ブリスの使用感としてキチンとした施工であれば耐久性は公表効果の4.5ヶ月を上回るという感じです。弱撥水も意外と長続きしますし、艶に関しては何処までを効果持続とするかにもよりますが半年程度は持つようです。

坊汚性能、艶など総合的に見て効果が衰えてくるのが4.5ヶ月と取れば妥当で公表に関しては嘘偽りがなく、むしろ控えめに思えます。下地と重ね施工によってかなり効果が違ってくるようです。ガラス繊維系メンテクリーナーの施工と使用方法でいつまでもキレイな状態を保てます。

ブリスの傷消し性能と艶

ガラス繊維系のコーティングの中でも艶に関しては1番ではないかと思います。固形高級ワックスにも引けを取りません。汚れている時でもキレイだということが分かる感覚を味わえます。

その艶出し性能の影響か細かい傷を目立たなくしたり、色ボケ、くすみ等を鮮明にする効果に極めて優れています。これはコーティング剤傷消し性能比較でも実証されています。

ブリスの耐イオンデポジット性能(坊汚性能)

他のガラス繊維系コーティングと比較すると(例えばクリスタルガードワン)弱撥水性を保つ期間が長いのですが耐ウォータースポット、イオンデポジットに関する性能は通常の使用環境ならば高いといえます。

汚れの付着防止性能も比較的高く付着しても落としやすいのが特徴です。しかしながらセルフクリーニング効果については撥水性が邪魔してか小雨が降った後などでは親水系のコーティングと比較するとやや劣ります。

酸性雨や洗車中に焼きついてしまった水道水によるイオンデポジットでシミができてしまった場合はガラス繊維系メンテクリーナーでほぼ対応できます。

ブリスの撥水、疎水性

最近疎水性という言葉をよく聞きますが疎水性=弱撥水性と考えてしまっていいかと思います。それを考えるとブリスは効果実感期間が非常に長いコーティング剤なので親水系のように効果実感性の低いものが嫌いな方にもオススメできるコーティング剤です。

しだいに親水性に近づいてきますが艶自体はもっと持続します。正しい施工法であれば私の車で4ヶ月ほど弱撥水・疎水性を保っています。(下地処理と重ねがけをしています)

ブリスの鉄粉防御性能

純ガラス系には及ばないものの手軽にDIYコーティングできる商品としては最高峰の鉄粉防御性能を誇りますので鉄粉対策には効果的なコーティング剤といえます。ただし時間が進むに連れて鉄粉の定着性は上がっていきますので洗車は基本的に行いましょう。

鉄粉のような物理的に塗装面に働きかけるダメージを完全に防御できるコーティング剤などありません。軽減に有効と考えておきましょう。有効度は鉄粉防御性能比較ランキングを参考にしてください。

ブリスの施工難易度と施工のコツ

ムラになりやすいとの声がよく聞かれますが下地に問題があればムラや効果半減の原因となります。塗装面が荒れている場合は研磨性のある水垢落としを使用するか磨きを掛けるのが効果的です。

もう1つはコーティング液の使いすぎです。コーティング被膜となるのはμ(ミクロン)単位ですので薄く塗り伸ばし余剰分のコーティング剤を極力出さないようにしましょう。

施工を1回キチンと行えば後は非常に楽に施工できます。最初にキチンと掛けるのはどのコーティング剤も一緒で施工は面倒ですが、アフターメンテナンス及び再施工の難易度は低く、簡単で10分程度で完了します。

ブリスの裏技メンテナンス

期間の経過などでコーティング被膜が荒れていくのはどのようなコーティング剤でも避けられません。そんな時再施工やメンテナンスを効果的に行う方法を考案してみました。ブリスに限らず他のガラス繊維系コーティング剤にも応用できます。

ガラス繊維系メンテクリーナーにその方法を記載しましたので是非参考にしてみてください。

■ブリスに関する疑問やウワサ


ガラス繊維系コーティング全般に言えることなんですが、表現による誤解なのか誇大広告と取るのかは人それぞれでしょうが、まず被膜硬度と成分についてです。

被膜硬度について

μ単位の被膜なので塗装が硬くなるというイメージを湧かせてしまいますが実際は塗装面の硬度は硬くなりません。塗装の硬度に依存するはずです。かといって硬度に意味がないわけではなく表面処理と捕らえてればいいのではないかと思います。

機械産業などでは耐摩耗性向上などのためにμ単位の被膜処理は当たり前に行われていますので、表面被膜の硬度向上が何も機能していないということはないと思います。

油脂成分について

コレも難しいんですが実際に艶出しには油脂成分が入っているように感じます。(あくまでも憶測ですが)ココで問題なのは何を持ってして「油」とするか。定義を言い出したらキリが無いのでしょうが、石油系、動植物油を含まないという解釈でしょう。

ようはシリコンオイルはオイルと付くくらいなので油には違いないのですが、鉱物油や動植物油などの天然の油ではなく100化学合成油です。シリコンオイルを「従来の油脂成分を含まない」と表現しているようす。確かに性質は全く異なりますが誤解を招く表現に取れます。

以上ガラス繊維系コーティング・ブリスの効果性能と使用感です。更に実験と検証を進めて情報を追加していく予定です。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005