This page:自動車の趣味超越log TOP > 洗車方法ガイド > 足回り・下回り洗車

足回り・下回り洗車

車の足回りであるタイヤ・ホイールの手入れ方法や、下回り洗車の方法について。



洗車とブレーキ装置

洗車によるブレーキ(ディスクローター、ブレーキドラム)装置への影響について。

■洗車によるブレーキへの影響


お客さんからの問い合わせで意外と多いのが洗車時にブレーキ周り(特にローター)に水をかけても大丈夫?という質問です。

1,洗車:ディスクブレーキへの影響

基本的にブレーキ装置は外部にむき出しになっており、特にディスクブレーキでは直接制動力を発生させる摩擦面(ローター)に水がかかってしまいます。

全く問題がないかと言えば嘘になりますが基本的にそれくらいではブレーキ装置に大きな影響を与えることはありません。

かなり水浸しになってしまったり、冠水路を走ってしまった後に若干ブレーキの効きが悪くなることがありますが、数回のブレーキングで水分を飛ばすことができます。

ただし洗浄を目的にブレーキ装置へ高圧洗浄機などで水圧をかけた放水を行うことは厳禁です。ダストブーツの隙間などの水分が抜けにくい部分に浸入したりすれば錆を発生させる可能性があります。

2,洗車:ドラムブレーキへの影響


水分の浸入によって比較的大きな影響が出るのはドラムブレーキのタイプです。しかしながらドラムブレーキは密閉こそはされていないもののドラムによって水分などが入りにくいので洗車によって水分が大量に入り込むことはまずありません。

水分が大量に浸入してしまうようなシチュエーションとしては冠水路の走行くらいのものでしょう。ただし一回水分が浸入するとナカナカ完全に抜けてくれません。

ブレーキの熱によって蒸発しますが蒸発した水分がドラム内で結露するといったループを繰り返しながらゆっくりと抜けていきます。

この影響でブレーキの効きが悪くなったり、さびの発生によってブレーキ鳴きが発生したりすることもありますがよっぽどでなければ特別な措置は必要ないでしょう。

3,ドラムブレーキの張り付き固着について

洗車が趣味で自宅構内で洗車とガレージへの移動を繰り返していて、車には滅多に乗らないような場合ではドラムブレーキ内に錆が発生してドラムとライニング(摩擦材)が張り付いてしまいタイヤがロックして走れなくなると言う現象が稀に発生します。

洗車後はできれば走行してある程度ブレーキ周りの水分を熱で飛ばしておけば錆の発生を抑制することができますので注意しておきたいところです。

■カーシャンプー、コーティングとブレーキ


洗車時にカーシャンプーやコーティング材がブレーキ装置にかかってしまった場合も特別気ににすることはありませんが、油分を含むタイヤコートやワックスなどの付着には十分気をつけたいポイントです。

油分には潤滑効果がありますので摩擦によって制動力を発生させているブレーキ装置には致命的です。全く効かなくなることはありませんがブレーキクリーナーなどで脱脂洗浄することが必要になります。

■洗車とブレーキのまとめ


長々と書いてしまいましたが結果としてディスクブレーキは洗浄を目的とした高圧放水を行わなければカーシャンプーや水がかかっても問題ありません。

ただし油分を含むワックス類が付着した場合はブレーキクリーナーなどで脱脂洗浄しないとブレーキの効きが極端に低下する可能性があります。

ドラムブレーキに関しては特に気にすることなく洗車を行っていいということになります。ただし洗車後には走行してブレーキングで水分を飛ばしておくことをオススメします。

というようなまとめになりますので参考にしてみてください。

メッキホイール手入れ方法

メッキアルミホイールの手入れ方法(洗い方とホイールクリーナー選び)について。

アルミホイールの中でも高級感のある輝きを放つメッキホイールをいつまでもキレイに保つためのメッキホイール手入れ方法を洗い方やホイールクリーナーの選び方から紹介します。

※走った後はホイールが加熱している可能性がありますので、冷えてから手入れを行ってください。洗剤やクリーナーが焼きつく原因にもなりますし火傷をする可能性もあります。

■メッキアルミホイール


メッキホイールの真骨頂である重厚な輝きと質感を持つクロムメッキはそのビジュアルだけにとどまらず優れた耐久、耐摩擦、耐腐食性能を有しています。

しかしいくら優れた性質を持っていても過酷な条件(熱やブレーキダスト、水分)であるホイールでの使用なので劣化、傷つきは避けられません。

しっかりとしたメッキホイールの手入れができていれば長い間メッキホイールの輝きを保てますので、傷をつけずにキレイにする手入れ方法を種類別に紹介します。

1,クロムメッキホイールの手入れ方法


クロムメッキホイールは防汚性にも優れていますので汚れはつきにくくなっています。洗うときは高圧洗浄機などであらかじめ大きな汚れは飛ばしておきます。

次に洗車ブラシは使わずスポンジで洗うことによって傷を最小限にします。スポンジはボディー用とは別にホイール専用のものを用意しておきましょう。

洗車洗剤はボディー用のものを通常通り希釈した洗剤を泡立てて使用すれば特に問題ありません。洗剤は残らず水で洗い流してください。

水で洗い流したらボディーの洗車を続けて行う場合は洗車を済ましてからホイールクリーナーやホイールコートを行って仕上げという手順が効率がいいかと思います。

本来ホイールにはブレーキダストの焼きつきという厄介な汚れが存在するので鉄粉除去効果の高い専用のクリーナーを使用するのですがメッキホイールに関してはオールメタルレストアなどの専用メッキクリーナーで手入れをすることをオススメします。

また汚れがかなり強烈な場合はメッキホイールでも安心して使用できる強力なホイールクリーナーのホットリムホイールクリーナーを使用すればメッキを痛める心配はありません。

※ココで言うクロムメッキとはクロム硬質メッキ(電気メッキ)を指します。

2,アルミ真空蒸着メッキ(スパッタリング)について

アルミ真空蒸着メッキ、スパッタリングは同種扱いされていますが、実はこの2つの呼び名は全く処理方法が違うのに同じ扱いになっています。(メーカーや販売店が勘違い?)

処理方法は深く書かないとしてメッキの中でも比較的安価に手に入れることができ、実際はメッキではないのにメッキ処理のように見えるため擬似メッキとも呼ばれますがプラモデルなどのプラスチック類のメッキ処理にも用いられています。

本物のクロムメッキなどに比べるとやや重厚感に欠け、メッキ膜厚も薄めで耐久性も一歩及ばないため劣化や割れなどが起きやすいのが難点です。

手入れ方法はクロムメッキなどと同じように洗って専用のメッキホイールクリーナーのオールメタルレストアなどをを使用しましょう。

通常のホイールに使用するブレーキダストを強力分解するホイールクリーナーはメッキ面の状態によっては悪影響を与える場合があります。

コレは本来のメッキ成分であるクロムはアルミ蒸着と比べると化学物質の耐侵食性がきわめて高いのですがアルミ蒸着メッキは薬品などで剥がれ落ちてしまう可能性があるからです。

特に塩素や硫黄分に反応して激しい変質が起こる可能性があります。(一部の鉄粉クリーナーに硫黄分が含まれている可能性があります。)

■メッキホイールコーティングに関して


メッキホイールというとコーティングを掛けるイメージが少ないかと思いますがコーティングを掛けることによってクスミを目立たなくしたり劣化を抑制することが可能です。特にスパッタリングホイールにはオススメです。

シェルやガラス系コーティング剤のクリスタルガード・ワンブリスなどをボディー用と併用して使用するというのも一石二鳥で私はこの方法をオススメします。

以上を参考にメッキホイールを手入れしていつまでもメッキホイール特有の輝きを独り占めするなり、人に自慢するなりして楽しんでください。

アルミホイールの基礎手入れ

一般的なアルミホイールの手入れ方法と保管方法についての知識。

■一般的なアルミホイール


私が通常のアルミホイールと定義しているのはよくスタッドレス用などのホイールで安売りされているシルバー塗装のアルミホイールのことです。

このようなアルミホイールはアルミ鋳造ホイールに耐熱塗料と耐熱クリアで塗装されており意外と耐久性も坊汚性も優れたホイールです。

シルバー塗装されているためブラシで擦っても傷が目立ったりすることもなく気軽に使用できます。ただしソリッドブラック塗装などはブラシで擦るとすぐに傷が目立ってくすんでしまいます。

1,アルミホイールの手入れ

一般的なアルミホイール手入れ方法としてはカーシャンプーを規定量で希釈したものを使用して洗車用のブラシで擦ってしまって構いません。ただ傷を付けたくない場合は洗車用スポンジを使用しましょう。

通常はクリアまたはカラー塗装されているため表面がザラザラの加工をされていない限り汚れはスポンジでもすぐに落ちてしまうはずです。(ザラザラはアルミ鋳造でそのままの加工など)

ただし放置しておくと汚れは焼きついてしまい変色したようになりナカナカ落ちてくれなくなってしまいます。ホイールキャップなども同様の汚れが焼きつくことがあります。

このような場合は汚れを強力に分解するホイールクリーナーを使用して焼きついた汚れを分解してしまいましょう。ブレーキダストの焼きつきなどはカーシャンプーで落とすには少し厳しい汚れです。

推奨ホイールクリーナーはホイールクリン、ブレーキダストなどが固着した激しいホイールの汚れを落とすにはシフトの鉄粉除去剤です。

2,アルミホイールの保管

アルミホイールの表面に酸化反応を防ぐための塗装がしてあります。ボディーの塗装のように劣化しますので保管する時はホイールクリーナーできれいにして無機系のホイールコートで表面保護をして直射日光を避けた場所に保管するのが基本です。

ココまで神経質にならなくても洗ってから直射日光の当たらない場所に保管するくらいは最低でも守っておきたいところです。

■アルミホイールの種類


クロム硬質メッキ、スパッタリング(真空蒸着メッキ)、ポリッシュ仕上げ、つや消し仕上げ、アルマイト仕上げなどアルミホイールの表面処理は多彩です。

この表面処理に合わせて手入れの方法も変わってきますので以下のリンク先を参考に手入れを実施してください。↓

ポリッシュホイールの手入れ
メッキホイール手入れ方法

追って情報の追加をさせていただきます。

■アルミホイールコーティングに関して


アルミホイールの表面処理は様々ですが多くはボディーと同じくクリアコーティングによってアルミの参加を抑止して輝きを保っています。よってホイールコーティングは劣化予防に最適な方法といえます。

耐熱性が高く酸化しない性質のシェルやガラス系コーティング剤のクリスタルガード・ワンブリスなどをボディー用と併用して使用するというのも一石二鳥で私はこの方法をオススメします。

タイヤの手入れ方法

ボディーを洗う前のタイヤ洗い方とクリーナー&コーティングの知識。

洗車の基本は上から順にですが、タイヤ・ホイールに関してはタイヤハウスと一緒にボディーより先に洗ってしまうことをオススメします。

■タイヤを先に洗う理由


基本的にタイヤは洗った後の乾燥でシミができたり汚れの再付着を気にする必要もないですし、タイヤ周りの激しい泥汚れなどは先にあらかじめ落としておいたほうがボディーを洗うときにスポンジに巻き込んでしまい洗車傷を発生させるリスクを減らすことができるからです。

以上のような理由からタイヤは先にタイヤハウスを高圧洗浄するついでに先に洗ってしまい、クリーナー・コーティングはボディーの洗車後に仕上げを行うという手順がもっとも効率的です。

■タイヤの洗い方と手入れ


1,タイヤハウスの洗浄

あらかじめ下回り洗車の時にタイヤハウス内側もジェットスプレーなどの家庭用高圧洗浄機などで汚れを飛ばしておけば必要ありませんが、まずはタイヤハウス内側(フェンダーライナー)を洗います。

この部分はタイヤが跳ね上げたもの全てが付着しますのでかなり汚れているはずです。泥などを踏んで走った場合はマッドガード(泥除け)やタイヤハウスの内側にびっしりとこびりついていますので固めのブラシで擦って洗ってしまいましょう。

ちょっと本格的に使いたい方は軽量コンパクトで噴射圧力の高いケルヒャー高圧洗浄機 k2.75なんかがあると洗車はかなり質が上がります(特に下回り洗車)。家庭用高圧洗浄機などを持っている方は是非活用して効率的に洗ってください。

2,タイヤの洗い方

洗車に使用するカーシャンプーを規定値で希釈したものを使い、ブラシで比較的強く擦って洗っても問題ありません。

よく家庭用の中性洗剤を使用したり洗浄・脱脂性能の高いタイヤクリーナーを使用する人もいますがタイヤの早期劣化やひび割れを促進する可能性がありますので避けたほうがいいでしょう。

それでも強力にタイヤを洗浄したい場合は使用しても構いませんが洗った後にゴム表皮保護効果のあるタイヤコートを使用しておく事をオススメします。

またタイヤの交換サイクルが3年以上の場合もタイヤコートを使用していればタイヤ側面(サイドウォール)のひび割れなどを防ぐことができます。

タイヤコートをかけるタイミングはボディーの洗車やワックス、コーティングをかけ終わった頃ならちょうどタイヤが乾燥してかけごろになっているのでお勧めです。

3,ホイールキャップの洗い方

ホイールキャップもタイヤと一緒にブラシで擦ってしまっても構いませんが、傷を付けたくない、こびりついて取れない汚れがある(ブレーキダストの焼き付き)場合はホイールの手入れをご覧ください。

ホイールは表面処理の種類などによって手入れ方法も多彩なのでタイヤと区分して別のページを設けましたのでホイールの手入れと洗い方はこちらまで。

※近日公開予定です↑

4,タイヤクリーナー、タイヤコートの選び方

タイヤクリーナーで多いタイプはムースタイプのものを吹きかけて放置するタイプが主流ですが、成分に有機溶剤を含んだクリーナーは避けましょう。

またクリーナーと艶出しの効果兼用タイプもオススメできません。クリーナーはクリーナー、コーティングはコーティングとして使用することでタイヤをキレイにして、なおかつ保護できます。

本来の働きを考えればクリーナーとコーティングに求められている役割は逆なものですから当然と言えるでしょう。

下回り洗浄方法

ジャッキアップして車の下回りを高圧洗浄機などを用いて効率的に洗車する方法。

滅多に車の下回りを洗浄する機会はないかと思いますが、凍結防止剤を散布した雪道や海水浴などに行った後には下回り洗浄は必須です。

そんな下回り洗浄を洗車機に頼らず手洗い洗車の工程で行う方法をジャッキの種類とジャッキアップ方法を交えて紹介します。

■下回り洗浄の手順


1,高圧洗浄機の用意

まずDIYの下回り洗浄では高圧洗浄機を自前で所有している必要があります。高圧洗浄機がどうしても用意できそうもない場合はコイン洗車場で下回り洗車機を使用する方法があります。

ただし下回り洗車機は高圧噴射面からの距離は決められており融通が効かず自由度は低いので、決して高い洗浄効果ではありません。

それに比べて自分で高圧洗浄機を使用する場合は使いたいところに使えるため汚れをピンポイントで落としたり、自由度は高くなっています。

ちょこっと使いたい場合はジェットスプレー、ある程度本格的に使用したい場合は水道の約40倍の水圧を発生させるケルヒャー高圧洗浄機 k2.75などを使用しましょう。

2-1,ジャッキアップ

前後を交互にジャッキアップして下回り洗浄をする方法がもっとも効果的です。車載のパンタジャッキを使用してジャッキアップしてもいいのですが安定感がなく安全性に欠けます。

フロアジャッキでジャッキアップしてリジットラックで保持した状態が一番安定して本来の方法なのですがDIYでココまで本格的にやることはないかもしれません。

簡易的に済ますのならフロアジャッキでジャッキアップした状態でそのまま高圧洗浄機で下回り洗浄を行うか、パンタジャッキやシザーズジャッキを2つ使用して両サイドからジャッキアップして下回り洗浄を行う方法がもっとも手間はかからないと思います。

ジャッキアップする時は固くて平らな場所を選びサイドブレーキを引き、Pレンジに入れます。最後に地面接地側のタイヤに輪止めをかけて車両が動かないようにしましょう。

輪止めは木片などでも車両が動く抵抗になるものなら無いよりはましなので安全対策のため必ず用意しておきましょう。

2-2,ジャッキの解説


パンタジャッキ
車載工具についているタイプのジャッキで自動車のサイド下部の耳に掛けてジャッキアップするタイプです。(ジャッキポイントは車両説明書に書いてあります)

幅を取らず収納できますが使い勝手はあまりよくありませんし安定性にも欠けますので本当の応急用といった感じのジャッキです。

フロアジャッキ
フロントジャッキアップ時はクロスメンバー、リアジャッキアップ時はディファレンシャルなどの車両中心にジャッキを掛けてジャッキアップするタイプです。

ジャッキ自体の安定性は高く、対荷重も大きいものから選べ使いやすいのですが大きくて重いため車載には向いていません。

DIY整備をしたいのならばリジットラックとセットで必須のアイテムになります。

シザースジャッキ
形状はパンタジャッキですが、ジャッキアップの時に工具を回転させるのではなくポンピングでジャッキアップできるために非常に使い勝手のいいツールです。

簡易的な作業の頻度が多い場合はシザーズジャッキは非常にオススメです。またフロアジャッキよりは断然軽量で場所をとらないため車載にも向いています。

リジットラック
ジャッキアップした後の車両を支えるためのスタンドです。下回りにもぐる時にジャッキによって支えられてる状態は不安定で危険です。

下回りにもぐってDIY整備する時は必ずリジットラックで2点又は4点保持してください。フロアジャッキでジャッキアップしてリジットで支持が基本です。

3,下回りの確認

せっかくジャッキアップしたのですから下回りの状態を確認しましょう。ドライブシャフト、ステアリングラックブーツの切れは無いでしょうか?

グリスが飛び散っていたらブーツ切れなどの可能性があります。打撃損傷後やオイル漏れの形跡などもチェックしておきましょう。

4,下回りの洗浄

フロントをジャッキアップしたらタイヤ・ホイールの内側などの細かい部分も集中的に洗浄します。リアもジャッキアップしたらマフラーなどを集中的に洗浄します。

このようにジャッキアップして高圧洗浄することによって普段は絶対に洗浄できない角度から高圧洗浄することによってシャシーの錆、腐食の進行を予防することができます。

5,ついでに整備

下回り洗浄を行う前の方が水が落ちてこないため好ましいのですが、DIY整備できるような場所であればついでに、作業したいDIY整備をしてしまうのも一石二鳥です。

6,下回り塗装

車検時などに良く行われていた作業ですが近年行っているところは減っているようです。下回りの錆びを強力に防止し見栄えも良くなります。

スキーや海に行く頻度が高い方は是非行った方が良いかと思います。この作業は下回りが乾いてからの作業になります。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005