This page:自動車の趣味超越log TOP > 洗車方法ガイド > コーティング剤比較実験 > アフターメンテナンス性比較実験

アフターメンテナンス性比較実験

コーティング被膜が劣化または落ちにくい汚れが付いたときのメンテナンス性比較

■ガラス系テフロン系コーティングのアフターメンテナンスはどうする?


性能比較実験によって例えガラス系であっても、テフロン系であっても極めて過酷な条件が重なると強力なイオンデポジットをコーティング被膜に固着してしまうことが判明しました。このような状態に陥った時にボディーのメンテナンス方法が分からないと非常に厳しいように思います。

そこで各コーティング剤はどれだけバックアップされておりアフターメンテナンスの商品が充実しているかを調べてみました。私的な意見になりますが、どれだけ優れたコーティングであってもアフターメンテナンスや部分補修がプロしか出来なかったりすればそれだけで何か価値観的に合わないものを感じてしまいます。

■メンテナンス用品は有効か?


前ページウォータースポット防止性能比較耐イオンデポジット比較ランキングの実験で付着してしまった強力なイオンデポジットですが設定されているメンテナンス用品は果たして有効なのか実験してみました。

と言っても各コーティング剤のメンテナンス用品を全てそろえるのは難しいので、まず研磨剤を含まない強力なクリーナーで一度洗浄し、落ちなければ研磨剤を含んだ補修クリーナーを使用します。CPCペイントシーラント以外は同じメンテナンス用品で落ちやすさを比較したいと思います。

裏技補修クリーナーの使用

今回は専用クリーナーではなく同じ条件で比較するため、オリジナルの補修クリーナーを使用します。大抵ガラス繊維系コーティングに設定されているメンテナンス用品は液剤+研磨剤で構成されています。※ガラス繊維系メンテクリーナーに詳細を追記

コレを応用させてもらって研磨剤入り水垢落としクリーナー(SP-1)+各コーティング液剤をビー玉と一緒に容器に入れてよく混ぜ合わせます。混合比は9:1~8:2がいいかと思います。

このオリジナル専用クリーナーを洗車後にスポンジにつけて軽く擦って水で流し拭き取るだけで完了です。研磨剤は表面の汚れを掻き落し塗装面には残らず、ガラス繊維系コーティングの成分は定着性があり、粒子が非常に微細で密度が高いのでコーティング補修機能も働きます。

※今回はSP-1+各施工面のコーティング剤で調合しました。更に超微粒子コンパウンドなどを追加するのも有りかと思います。

■コーティング剤アフターメンテナンス用品充実度比較ランキング

ランキング コーティング剤 内容詳細
1位 ブリス  ○断トツでアフターメンテナンスの用品や情報が多く安心感があります。ブリスショップでは油脂分を取り除くオイルバスター(油脂成分除去剤)、下地を作ったりスポットメンテナンスが出来るブリスファンデーションブリス専用コンディショナーなどがあります。

更に特殊用途となる超極細鉄粉取り粘土スーパー拭き上げクロスなどありとあらゆるものをカバーしており、施工に対する質問、回答やムラの対策方法の情報も豊富に公開しているため現在のところは独走です。

■洗浄剤の有効性
多少はイオンデポジットの輪が薄くなるものの、やはりうっすら残ってしまうので完全除去は難しいようです。擦りすぎは傷の原因にもなります


■裏技クリーナー有効性
軽く数往復させるだけで完全にイオンデポジットの跡は消えてしまいました。研磨剤でコーティング被膜が削れますが、ブリス混合なのでコーティング被膜の補修も同時に行え性能は低下しません。

2位 CPCペイントシーラント
○専用の下処理剤、専用のメンテナンスクリーナーが用意されており正規ルートで施工を行えばそれなりに丁寧なメンテナンスキットとメンテナンス方法の情報が得られます。

しいて言えば量販店や通信販売ですと流通がないためアフターメンテ用品が購入しにくいところでしょう。ディーラーやショップに頼みに行くのも面倒だと思います。オークションなどに出回っていますのでオークションで購入することを考えれば比較的楽でしょう。

■洗浄剤の有効性
洗浄剤の使用で多少は未施工面との差がわかるくらいは落ちましたがこのレベルでは厳しいといった感じです


■メンテナンスクリーナー有効性
CPC専用のメンテナンスクリーナーで磨いたところ少々手間取ったものの完全にイオンデポジットを除去できました。ボディーの広範囲だとつらい作業になりそうです。

3位 クリスタルガード・ワン ○アフターメンテナンス情報や商品に関してはライバルコーティング剤とも言えるブリスにかなり差をつけられているように感じられます。

現在用意されているのはクリスタルガードウォッシュ・ワンと呼ばれる下地洗浄剤、兼アフターメンテ洗浄剤だけです。コーティング剤自体の説明等は丁寧で情報も豊富ですがいまいち痒いところに手が届いていない感じがします。

■洗浄剤の有効性
多少はイオンデポジットの輪が薄くなるもののやはりうっすら残ってしまうので完全除去は難しいようです。擦りすぎは傷の原因になります


■裏技クリーナー有効性
軽く数往復させるだけで完全にイオンデポジットの跡は消えてしまいました。研磨剤でコーティング被膜が削れますが、クリスタルガードワン混合なのでコーティング被膜の補修も同時に行え性能は低下しません。

4位 アクアクリスタル ○アフターメンテナンス、兼艶出し剤としてアクアクリスタルポリッシュが設定されている程度です。このポリッシュ製品には研磨剤とカルナバロウなどの艶出し成分が含まれています。

ガラス系の輝きを売りにしている商品のメンテナンスでなぜカルナバを使用するのかが理解に苦しむ点ですが、上掛けするときの施工不良材料にはならないことは注意書きで理解できました。

■洗浄剤の有効性
多少はイオンデポジットの輪が薄くなるもののやはりうっすら残ってしまうので完全除去は難しいようです。擦りすぎは傷の原因になります
 

■裏技クリーナー有効性
軽く数往復させるだけで完全にイオンデポジットの跡は消えてしまいました。研磨剤でコーティング被膜が削れますが、アクアクリスタル混合なのでコーティング被膜の補修も同時に行え性能は低下しません。

5位 <削除>ワン ○専用のポリッシュと上掛けのシリコンコートがありますが、いずれも他のもので対応できますし、アフターメンテナンスの類ではありません。

また汚れが付いた時の対応策などについても書かれておらず、メンテナンス方法が不明です。実験のイオンデポジット防止性能ではTOPの実力だったからいいようなものですが、もし落ちない汚れが付いたらコンパウンドなどで磨いて再施工という感じでしょうか。

■洗浄剤の有効性
元々イオンデポジットの少なかった<削除>ワンなので洗浄で更にイオンデポジットの影は薄くなりました。ほとんど付着は見られません。

ただしどう考えても研磨剤入りのクリーナーは使用できないような感じなので研磨剤の使用は控えました。考えられる有効な手段としてキレート剤で裏技水垢落としがありますが。<削除>ワンに適したメンテナンス方法か不明です。


%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005