洗車後の撥水状態比較

ガラス系&テフロン系&+αコーティング剤の洗車後の撥水状態と効果維持状態を比較。

■撥水(疎水)状態とコーティング効果の維持を比較検証。


長期実験中のコーティング剤の効果性能比較実験ですが天気等に左右される為多少実験内容を変化させて様々な実験を行っていきたいと思います。今回は洗車後の撥水(疎水)状態と効果維持状態を塗装面の状態と艶などを見て比較検証します。

被実験コーティング剤の案内

ブリスクリスタルガード・ワンアクアクリスタル<削除>ワン、ガラス(繊維系)との比較対象としてCPCペイントシーラント(テフロン樹脂系コーティング)、某シリコン樹脂系ポリマー(未公開)、X-COAT1、X-COAT2(仮称:後で公開)+G-hardが実験対象です。

洗車前の様子 各コーティング剤を施工してから約3週間とちょっと。重ねがけを行ってからは2週間が経過しました。

本来ならばここからイオンデポジットやウォータースポットなどの影響を確認する為に放水後放置実験を行う予定だったのですが天気に左右されるこの実験、ナカナカうまくはいってくれません。

日光で高温になったときの影響を見たいので今日は実験保留で洗車?をすることにしました。
中央の未施工部の汚れ 写真では分かりにくいかと思いますが中央の未施工部分のアップです。結構汚れていることが確認できるかと思います。

洗車は水のみでスポンジ手洗いを行います。そこそこの力を込めて丁寧に洗い上げます。

洗車後に気がつきましたがこの汚れが薄い雨染み化していました。
ガラス系、テフロン系コーティング施工面の撥水(疎水)状態 洗車後、雨を想定した放水後の様子です。CPCペイントシーラント、次いでブリスもまだまだ弱撥水状態。

X-COAT1、アクアクリスタル、XCOAT2、が弱撥水と言うより疎水状態に近い感じです。

クリスタルガード・ワン<削除>ワンは疎水よりも親水性に近い感じになりました。念入りに洗いすぎた為かシリコン系撥水ポリマーは効力を失ってしまいました。中央未施工部分は見事に親水状態です。
G-hardの撥水状態 こちらは施工後1週間、洗車後のG-hardの撥水状態です。一応弱撥水性ということになるんでしょうか?初期撥水を終えると親水性に近くなりそうです。

微妙にイオンデポジット化した輪染みに水が溜まるような感じになっているのですが・・・。拭き取ると固着はしていないものの不安は残ります。
洗車後の全体の様子。 洗車後拭き取った状態での画像です。相変わらずいい艶の状態を維持しています。ガラス繊維系のコーティング剤は拭き取り後マイクロクロスで空拭きすると更にいい感じに輝きます。

拭き取り後、中央未施工部分はすでに薄い雨染みらしきものが・・・シリコンポリマー施工部は怪しい感じはありましたがまだ無事でした。

少なからず効果があったということでしょう。そのほかの施工部分は雨染みの影も見られず良好な状態です。


日光が出て実験が出来るような状態になったら耐イオンデポジット及びウォータースポットの実験として水道水放水放置実験を行いたいと思います。(※雨ではなく水道水を利用する意味としてカルキや残留塩素などが蒸発して塗装面に残った時の影響を検証したい為です)

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005