This page:自動車の趣味超越log TOP > 洗車方法ガイド > コーティング剤比較実験 > コーティング剤撥水性比較

コーティング剤撥水性比較

ガラス系コーティング&テフロン系コーティングの施工後撥水性比較について

ちょうど雨ばかりなので各コーティング剤の施工後撥水性を比較検証してみることにします。ガラス系、テフロン系いずれも弱撥水性から親水性、疎水性を売りにしているコーティング剤だけに違いは見られるのでしょうか?

確認として被実験コーティング剤を挙げさせていただきます。ブリスクリスタルガード・ワンアクアクリスタル<削除>ワン、ガラス(繊維系)との比較対象としてCPCペイントシーラント(テフロン樹脂系コーティング)、某シリコン樹脂系ポリマー(未公開)、X-COAT1、X-COAT2(仮称:後で公開)+G-hardが実験対象です。

■ガラス系&テフロン系&未施工面の撥水性比較検証+α

ガラス系・テフロン系ボディーコーティング剤の撥水性比較画像 施工後(重ねがけ後)1週間経ちました。ざっと見て判断できるのは真ん中の未施工面です。磨いた直後は他と変わらず撥水していましたがさすがに親水状態に移りつつあります。

他のコーティング施工面はいずれも弱撥水状態を維持しています。親水~疎水といえども磨きこんだ後にコーティング剤を施工して、更に重ねがけしているため撥水効果が衰えないようです。

とはいえいい感じの弱撥水なのでウォータースポット等の心配はなさそうです。(今のところ確認できていません)

向かって一番上の段の真ん中は撥水性シリコンポリマーコーティングなんですが・・・あまり違いが比較できませんね。耐久性もあまりない予定なので比較できずに効果が落ちていくのが心配です。

各コーティング剤施工配置は左の画像参考。※追記ウォータースポット防止性能比較でシリコンポリマーは完全な効果切れしましたのでガラスコーティング剤G-hardを同場所に施工しました。
コーティング施工配置画像
G-hardの撥水状態 シリコンポリマーの後に新規参入したコーティング剤G-hardの撥水性。弱撥水性ですが他のガラス繊維系のように水を退ける疎水性がありません。

そのため弱撥水状態でボディーに長く水分が残りがちのようです。初期撥水状態を終えれば親水性のようになりそうですがイオンデポジットの付着が心配なところです。

今後の実験結果に要注目です。
ブリス施工後約三ヶ月後の塗装面
これは私の車のルーフ部分なのですが車磨きの手順カーワックス・コーティングの施工手順にてブリスを施工しています。忙しくて1ヶ月ほど洗車していませんが弱撥水+映り込みが確認できると思います。

最初のうちはブリスに感動して重ね塗りが簡単だったので3度ほど重ねてしまったのですが、後で耐久性の検証が出来ないことに気がついて3ヶ月ほどブリスの施工を止めています。

洗車回数はおそらく6回くらい効果を信じて洗車機に入れています(前から洗車機だったような気もしますが)

■コーティング剤撥水性能比較結果


いずれもポリッシャーによる磨きから行っているため最初から塗装が撥水状態になっていたのですがコーティング効果によって弱撥水性が保たれているようです。

しかしながら雨あがりなどに確認しても小さく丸い水滴にはならず大きな楕円形の撥水となりいつまでも水滴が残るようなこともなくウォータースポットの心配はないようです。

※追加実験となったG-hardは親水に近い弱撥水なのですが撥水したときの後が多少イオンデポジットとなり残っていました。拭き上げ工程で取れましたが長期の目で見ると多少不安が残ります。
余談になりますが私の車のルーフの画像を今回公開しましたがカラーは「ブラックマイカ」ウォータースポットやイオンデポジットが最も懸念されるカラーですが施工後3ヶ月経ち洗車をせずに約1ヶ月放置してもそれらしいものはおろか水垢すらつきません。

よくガラス繊維系コーティング施工時にムラになったり雨や洗車後にイオンデポジットやシミ(参考:ウォータースポットの除去方法)ができたと言う話を聞きますが、キチンと下地処理をしないとそのような現象が起きやすい事を確認しています。施工時には磨きが面倒にしてもオイルバスター(油脂成分除去剤)などを使用して極力油分を除去しましょう。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005