This page:自動車の趣味超越log TOP > 車の異音・振動 > 下回り、足回り異音 > ボールジョイントがたつき異音

ボールジョイントがたつき異音

段差などで足廻りから「ゴトゴト」「コトコト」異音を発生させるボールジョイント異音の原因と対策

最初は大きな段差でしかしなかった「コトコト」音がちょっとした道路のギャップで「ゴトゴト」異音が発生するようになってきた場合ボールジョイントの磨耗による異音の可能性があります。

■ボールジョイントとは


ボールジョイントとは可動しなければならない部分でなおかつ高負荷がかかる部分に用いられるボールと受け部から構成され、人間で言えば関節の役目をする重要部品になります。

この関節部分が磨耗すると主にロアアームのボールジョイント、ダブルウィッシュボーン式のサスペンションではロアアーム ボールジョイントに加えてサスペンション アッパーアーム ボールジョイントで異音が発生しやすくなります。

ボールジョイントはアーム系以外の繋ぎにも多く使われていますがこのページでは主にロア、アッパーボールジョイントについて書かせていただきます。それではボールジョイントの異音の発生原因と対策についていくつか挙げてみます。

■ボールジョイント異音の原因


1,走行過多による磨耗

もともとボールジョイントという部品は長い期間使用できますが、消耗部品と定義されており走行を重ねていくうちに磨耗してガタツキが出てくる部品なので10万キロ以上走行したようなボールジョイントから異音がするのなら、正常の範囲内でしょう。

こういった走行過多の状態でのボールジョイントからの出方であれば他に原因があるということもとりあえずは考えなくても良さそうです。

2,過負荷走行、過積載による異常磨耗

レースやスポーツ走行、悪路走行、過積載などボールジョイントに負荷がかかるような状況下ではボールジョイントの磨耗が早くなる可能性が高くなります。

こういった状況では症状の進行が早く、早期修理しないとアームが抜けてしまい走行不可能になったりする可能性があり大変危険なので十分注意してください。

3,事故などによる衝撃による損傷

事故などで急激に大きな衝撃を受けるとアームのリンクをしているボールジョイントには衝撃が集中します。負荷に対する力はかなり強いボールジョイントですが事故のような想定外の力を受けると損傷する可能性があります。

もっともボールジョイントが損傷するような事故では他にもダメージが波及するのでそのまま走行してしまうようなことは無いと思いますが、異音発生時には早期修理を心がけてください。


■ボールジョイント異音の対策と予防


1,ボールジョイントの交換

基本的に異音が発生した場合の対策は交換以外にはありません。簡易的な修理方法なども無く、異音が発生したら早期交換をするのが大きなトラブルを避ける手段になります。

また交換は特殊工具が必要になりますし、無理に交換しようとすれば他の部分を損傷させてしまったりしますので修理工場に依頼するのが一番無難かつ確実です。

2,積載重量の適正化

予防としては積載重量を適正化して車両の負荷をメーカーが想定している範囲内にすることが必要です。過積載はベアリングなどの部品にも悪影響を与えますので注意してください。

3,過負荷走行について

レース走行については負荷がかかることを前提にしてますので異音に気をつけて大事故に繋がる様なことが無いようにメンテナンスをしっかり行えばいいと思います。

4,悪路走行について

悪路走行で気をつけたいのは症状に気がつかないことです。悪路だからこのくらいの音は出るだろうという感じで気が付かない方もいるようです。

荷物を載せていたりするとなおさらです。点検にこまめに出していれば発見されるでしょうが、心当たりのある方はちょっと耳を澄まして異常音がしないか気にしてみてください。

■ボールジョイント異音の点検方法(ロアアーム)


異音がボールジョイントから出ているものなのか点検するためにはリフトアップする必要があります。車を上げた状態でタイヤを持ち上げるか、ボールジョイントから上の部分をこじって負荷を掛けて点検するため、ジャッキアップでは大変危険な作業になります。

そこで上手にディーラーなどを利用しましょう。ディーラーなどで突然異音の点検をしてくださいと申し出ても対応に時間がかかる可能性がありますので、あえて最初から「ボールジョイントのガタだけ見てもらいたいんですが」といってみましょう。

リフトで上げるだけなので料金を請求されることも無いと思います。(保証はできませんが以前働いていたディーラーでは貰っていませんでした)

■ボールジョイントのリコールなど


実はボールジョイント関係の部品は外車、国内、問わず対策品やリコールなどが数多く出ています。それだけ異常が起きやすい過酷な条件にさらされるにも関わらず耐久性を必要とされる重要部品ということなのです。

もしかしたら無償修理の対象かもしれませんので、取り扱いディーラーに相談してみることをオススメします。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005