This page:自動車の趣味超越log TOP > 車の異音・振動 > 下回り、足回り異音 > サスペンションサポート不良異音

サスペンションサポート不良異音

サスペンションサポート不良による旋回時のきしみ音などの原因と対策について。

車庫入れ時などハンドルをすえ切りするようなときに「ギギギ・・・」というきしみ音が激しい場合や走行時の段差で同じくきしみ音や「カチカチ」異音がする場合はサスペンションサポートの当たり不良の可能性があります。

■サスペンションサポートとは


サスペンションサポートとは純正ならばサスペンションアッパーマウント部(上部)にブーツと一体になっているゴムの部品で、スプリングとアッパーマウントが直接触れて磨耗損傷したり金属音などの異音が出ないようにする役割を持っています。

また純正パーツ以外のサスペンションの場合はサスペンションサポート自体が無い可能性があり、このような場合は異音としては出やすい傾向にあるのでオリジナルでサスペンションサポートのシートを作成することで異音を防ぐこともできます。

※サスペンションサポートの呼び名はメーカーなどで異なることもあります。

■サスペンションサポート異音の原因


1,経年劣化による硬化、劣化

純正品のサスペンションのほとんどにゴムを使用しているため、年月の経過と共にどうしても硬化、劣化して異音が発生する可能性がある部品です。

交換する頃にはそんなにお金を掛けたくないな~という年月が経過しておりショックアブソーバー(減衰機構)もへたっているのでどうせ交換するならば思い切ってサスペンションごと交換してしまうのも選択肢の一つです。

2,組み付け不良

サスペンションサポートにはスプリングをガイドするような型ができており、これを無視したり、位置ズレをしたまま組み付けると異音が出やすくなります。

3,製品、部品不良

ゴム部品ということもあって製造時の素材によって品質が左右されますので、品質不良があると部品の早期劣化、硬化によって異音が発生する可能性が高くなります。

4,季節、天候、温度

雨の日だけ、冬だけ、夏だけといった異音の症状はサスペンション関係だけではなく異音全般に良くあるものですが、このような場合は発生状況が確定すれば異常とは言いがたいのかもしれません。

このためキチンとした発生状況確認がされた場合は修理依頼は難しいといえます。

■サスペンションサポート異音の対策


1,サスペンションサポート交換

組み付け不良の場合は組みなおしで対応。製品不良、経年劣化による硬化、劣化の場合は交換によってもっとも確実に異音の症状を解消することができます。

作業するとなるとスプリングコンプレッサーという特殊工具が必要になるのでDYI整備向けではありません。

2,シリコングリス塗布による簡易異音対策

サスペンションサポートのスプリング当たり面にスプレー式シリコングリスを噴射して簡易的に異音を止める方法です。根本的な解決方法ではありませんが、異音だけ直したいという方はお勧めでもっとも簡単な方法です。

またスプレーの使用は一般的に使用頻度が最も高いCRC潤滑油のスプレーはゴム部品を変質(膨潤)させるので使用厳禁です。シリコングリスのスプレーを使用しましょう。

3,サスペンションシート自作(DIY)

サスペンションサポートが特についていない社外品のサスペンションなどにはサスペンションシートを自作することによって異音を防止することも可能です。

薄いアクリル板、ゴムシートをコンパスカッターで切り抜いて接着するか、外装用の厚めのカッティングシートを同じくコンパスカッターで切り抜いて自作してみましょう。

スプリングコンプレッサーが無いとできない作業なので依頼するか、工具を借りるなどしないとできない作業になってしまいます。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005