This page:自動車の趣味超越log TOP > 車の異音・振動 > 下回り、足回り異音 > ステアリングシャフトリンク異音

ステアリングシャフトリンク異音

ハンドルを切ったとき異音を発生させるステアリングシャフトリンク系の異音の原因と対策。

車庫入れなどでハンドル半回転、または1回転ごとに「ゴリ、ゴリ」「ガコ、ガコ」という異音がする場合はステアリングシャフトリンク系から異音が発生している可能性が考えられます。

■ステアリングシャフトリンク系とは


ステアリングシャフトは1直線のシャフトではなく大体2~4箇所のユニバーサルジョイントを介してステアリングラックにハンドル操舵力を伝えています。

リンク系とはこのユニバーサルジョイントのことを指しています。ユニバーサルジョイントは場所やスペースなどの制約で角度を変えて動力を伝達しなければならないような部分に用いられます。

また、工具やプロペラシャフトなどにも利用されています。

■ステアリングシャフトリンク系異音原因


1,ユニバーサルジョイント角度不良

通常は角度が自然に変動してしまうことはありませんので外部的な力による変形や取り付けのズレなどが直接的な原因となります。角度が大きすぎるとユニバーサルジョイントが回転するたびに「ゴリ、ゴリ」という異音を発生させます。

2,ユニバーサルジョイント損傷、部品不良

ステアリングシャフトのユニバーサルジョイントは、そんなに大きな力が掛かるところではありません。(ドライブシャフトなどに比べて)しかしながら角度が大きくついている車両などでは損傷しやすかったり、ちょっとしたガタで異音が発生してしまう可能性があります。

要は異音が発生する場合、設計上の強度不足なども原因として考えられるということです。

3,リンク及びシャフトの取り付け不良

平たく言えば緩みによる異音です。ユニバーサルジョイントなどのリンク系とシャフトはスプライン勘合されているので勘合部に緩みがあっても、すっぽ抜けない限り異音を発生させながらもその役割を果たします。

人為的な部分が大きいのですがとりあえずは原因の一つとして考えてもいいとおもいます。

■ステアリングシャフトリンク系異音の対策


1,ユニバーサルジョイントの交換

ステアリングシャフトの異音ではリンク系であるユニバーサルジョイント以外に原因はほとんど考えられませんのでシャフトから異音が出ていると分かれば交換したほうが確実に異音を修理できます。

部品単体の金額はたいしたことないのですが、どの部分のユニバーサルジョイントかをによって工賃などが変わってくるので、部品の詳細特定ができれば最小限の工賃で済むはずです。

2,ユニバーサルジョイントに固めのグリスを補充

ユニバーサルジョイントのガタが大きいことによる異音に関しては、ガタツキ時にショックを減衰させるためにダンパー効果の高いブレーキプロテクターグリスなどを補充すれば交換しなくても異音を低減させることができます。

ダンパー効果の高いグリスとはワコーズのブレーキプロテクターグリスなどがそれに当り、耐熱、耐水、耐劣化性能に優れブレーキ鳴き止めなどにも幅広く使えるため大変便利です。

■ステアリングラック異音の類似異音について


ステアリング系の異音は金属でリンクされており詳細部位の特定が困難なので類似異音についてなんですがスタビライザーブシュの異音とステアリングラックの異音があります。
※スタビライザーはステアリング系ではありません。

スタビライザーブシュの異音はハンドルを切ってある程度よじれが出てから異音が発生しますが、ステアリングラック異音は切り替えした瞬間や切り初めなど比較的動作初期で発生します。

ステアリングシャフト系の異音はシャフトのリンク角度が変動するときに出る異音ですので、判断つき難いのですがリンク部分を見ながらハンドルを回して異音の出るタイミングとあっていればリンク系と判断できます。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005