This page:自動車の趣味超越log TOP > 車の異音・振動 > 下回り、足回り異音 > ハブベアリング消耗異音

ハブベアリング消耗異音

走行時うなり音の異音と振動が発生するハブベアリング消耗時の異音原因と対策。

走行時に足廻りから常に居眠り防止のセンターラインを踏んだような振動、異音が「ウォーン」「ボー」というようなうなり音と共にボディーに伝わってくる場合はハブベアリングが消耗、または損傷している可能性があります。

過積載をするようなバンやトラックは後、一般の乗用車でスポーツ走行など目的として使用している場合は前から音が出やすくなっています。

■ハブベアリングとは


簡単に説明させていただきますとタイヤが回転している中心部で車重を支えながら回転をさせるための軸受けの部品で、ドーナツ型でインナーレース、アウターレース、ボールまたはローラーによって構成される部品です。

小さな部品ながら各タイヤの車重を全て受けながら最小限の回転抵抗に抑え、タイプによってはタイヤの抜け出しなども防止している自自動車部品の中でもかなり重要な部品です。

■ハブベアリング損傷、消耗の原因


1,多走行による消耗

ハブベアリングは過酷な状況にさらされており、走行と共に消耗して行きます。多走行車では異音発生原因としては妥当で10万キロも走ればベアリングが消耗し音が出始めることも少なく無いので消耗部品の一つとして交換をすれば解決します。症状の進行もゆっくりなので特別な故障ではありません。

2,過積載による消耗、損傷

過積載はメーカーの想定外での走行なので、いつ急激にベアリングが損傷するとも限りません。ベアリングに異常が起きると大抵異音と振動を伴いながら比較的ゆっくりと症状が進行しますが、過負荷では突然損傷してタイヤが抜け出して大事故ということも考えられます。

ベアリング消耗自体の消耗も積載量にもよりますがかなり進行しやすい状態です。いつ故障が起き、急に進行するか分かりませんので過積載は止める様にしましょう。

3,事故、改造によるアライメント不良

事故の影響や車高調などの足廻り系の改造によってアライメントが狂うとベアリングにかかる負荷が大きくなってベアリング損傷や、消耗が早くなるなどの症状が出ます。

改造については特にキャンバーを調整できるタイプの車高調でネガティブキャンバー側に大きく調整している場合、事故についてはタイヤ、ホイール、アーム関係をヒットさせるような事故を起こした場合にアライメントが狂いハブベアリングへの負荷が大きくなる可能性があります。

■ハブベアリング異音の対策と予防


1,ハブベアリングの交換について

実際に音が発生してしまった場合の対策としては交換する以外治す手段はありません。重要部品になりますので音が発生したらディーラーなどで交換を依頼しましょう。

一般にハブベアリング交換はタイプによって交換難易度も様々ですがプレス圧入式になっている場合も多いので、プレスやサンダーなどの特殊工具が必要でDIYで整備するのは避けたほうが無難であると思います。

2,積載重量の適正化

ハブベアリングの損傷によって異音が発生して交換しても使い方が変わらなければ早期消耗は避けられません、過積載は様々な部品に過負荷をかけ危険なので止めましょう。

3,キャンバーの適正化(調整)

ハブベアリングは軸受けなのでキャンバー(車両前面から見たときのタイヤの傾き)による負荷を受けやすく極端にプラス、マイナスにキャンバーを傾けるとベアリングを消耗させてしまいます。

スポーツ走行においてキャンバーのマイナス(ネガティブキャンバー)化は重要ですが角度の付けすぎは逆効果です。適正化をして足回りの負荷を軽減して安全にスポーツ走行できるようにしておきましょう。

4,定期的なグリス交換

最近のハブベアリングは無給油式のものが増えてきてグリス交換を行うことも少なくなってきましたが、バン、トラック系の車両ではグリス封入型のベアリングが採用されている場合がまだまだあります。

グリス封入型のベアリングは定期的に(車検ごとくらいがベスト)交換することでベアリングの寿命を伸ばすことができます。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005