This page:自動車の趣味超越log TOP > 車の異音・振動 > 下回り、足回り異音 > ドラムブレーキグリス切れ

ドラムブレーキグリス切れ

ドラムブレーキのグリス切れで発生する、ブレーキを離したときの「キー」音の原因と対策。

リヤブレーキにドラムブレーキをを採用している車でブレーキを離した時に「キー」という異音が発生する場合は、ドラムブレーキのバックプレートとライニング(シュー)あたり面のグリス切れの可能性があります。

■バックプレートグリス切れ原因


ドラムブレーキのブレーキライニングはバックプレートに背面を支えられている構造であるためバックプレートとブレーキライニングが接触する部分が数箇所設けられており、ブレーキグリスが塗布されています。

このグリスの効果によりブレーキング時にこすれあっても異音が発生しないようになっていますが、グリスは繰り返しのブレーキングなどの影響で徐々に切れていきます。

さらにグリス切れを起こすと金属でできているバックプレートはライニングとの接触面に錆が発生してしまい、異音の原因をさらに呼び込んでしまいます。

しかしながらドラムブレーキは水分も浸入する構造ですし、鉄でできている以上このような事態は避けて通れない現象であることも確かです。

■バックプレートブレーキ鳴きの対策


原因がグリス切れということでハッキリしていますので、対策も一つです。バックプレートとブレーキライニングの接触面にグリスを塗りなおせばいいだけです。

本格的に効果のある鳴き止め用のグリスを塗布するのなら分解した方がよいのですが、とりあえずしばらく音を止めたいのならば、ドライバーなどでブレーキライニングをこじって少し浮かせて間から接触面のグリス切れしている部分にスプレー式のグリス を使用するという手があります。

本格的に清掃などを必要としない場合は分解しない方が手軽にできますし、スプレー式のグリスの効果もかなり高いのでオススメの鳴き止め対策です。

スプレー式のグリスならば何でもいいというわけではなくある程度粘度が高く専用のブレーキグリスでないと垂れたグリスがブレーキライニングに付着してブレーキの効き不良などが起きて危険ですので必ず専用のスプレー式ブレーキグリスを使用しましょう。

オススメのグリスはワコーズのSSG シリコーングリース エアゾール A281です。ワコーズの潤滑油関係は非常に性能が高く信頼性もあるので安心して使用できます。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005