インジェクター作動音

エンジン付近からの「カチカチ」異音。インジェクター作動音について。

エンジンから「カチカチ」「カラカラ」異音が気になる場合、インジェクター作動音の可能性もあります。

インジェクター作動音はインジェクターが燃料を噴射する際の作動音で正常時でも聞こえる音なので車内で「カチカチ」微かに聞こえる程度では異常とはいいにくい音です。

しかしながら何らかの影響で作動音が大きくなってしまう場合、作動音の大きいエンジンなどもありますので以下を参考にして下さい。

■インジェクターとは


インジェクターとは燃料噴射装置のことで燃料を微細化して適切なタイミングと量を噴霧することによって燃焼状態を良好にするための装置です。

エンジンの吸気側(インテークマニホールド)とエンジン本体の付け根あたりに気筒数分だけついている小さな部品がインジェクターです。吸気側の判断はマフラーに繋がっていない方と判断すれば分かりやすいかと思います。

※キャブレーター車にはついていません。

■インジェクター作動音が大きい原因


1,インジェクターの故障

インジェクターは故障すると作動停止、または作動しっ放しなどの症状が多く異音に繋がるのは極々わずかで全ての気筒のインジェクターが同じように壊れるということも考えられないので、この場合は音にバラツキが出るはずです。

一つ一つドライバーの先をインジェクターに当てて耳をつけるとインジェクターの作動音がよく聞こえるはずですので、音の違いが明らかにわかればインジェクターの故障(消耗)による異音と判断できます。

2,直噴エンジンである

直噴エンジンはその名のとおり気筒内に直接燃料を噴射するタイプのエンジンで例を挙げればトヨタのD4や三菱のGDIなどが有名どころでしょう。

直噴エンジンは燃料を直接噴射するために通常のエンジンよりも燃料の微細化と渦流が必要なため燃料噴射装置に高圧ポンプや高圧インジェクターを使用しなければなりませんのでどうしてもインジェクターまたはポンプの作動音が大きくなってしまい異音と思われてしまいがちです。

したがって直噴エンジンの場合はこのようなエンジンから「カチカチ」「カラカラ」といった高めの乾いた音が気になることがあるかもしれませんが、この音は異音ではなく高圧が故の作動音の大きさです。
※インジェクター作動音低減対策は燃料系の添加剤もありますが実績なども自分の目で確かめてませんし、知識の中で異音低減に繋がるとも考えにくいのでとりあえず無しとさせて頂きます。

基本的に異常音ではないので、気になっていた音がインジェクター作動音であれば安心していただいていいと思います。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005