ベルト鳴きの原因

自動車のベルト鳴き原因と危険性を正しい知識で判断する方法。

エンジンルームからの異音で「キュルキュル音」を発生する場合ベルト鳴きが考えられますが緊急を要する場合とそうでない場合、車種にもよりますが比較的容易に判断できる方法についてです。

※タイミングベルトとベルト鳴きは(一部車種の不良以外)関係ありません。

■ベルト鳴きの原因


自動車のベルトはエンジンの出力軸(クランクシャフト)の同軸上のプーリーと各補機類である発電機、エアコン、パワーステアリングのプーリーにかかっており駆動しています。VベルトとVリブドベルトがありますがいずれも駆動抵抗による摩擦熱などでベルトの劣化や張力の低下が起きてベルト鳴きが発生します。

1,ベルトの劣化

ベルトにはゴムが使われていますので摩擦での磨耗もしますし、発熱や経年劣化の影響を受け硬化していきます。こうした劣化は各補機類(特にエアコンなど)の使用状況にもよりますが、たとえ使用しなくてもゆっくりと劣化は進んでいきます。

このようなゴムの硬化が起きるとベルトとプーリー間でスリップが起きやすくなりベルト鳴きが発生します。

2,ベルトの伸び

ベルトは一見ゴムのみによって構成されているようですが芯線が入っており高い引っ張り強度を持っており伸びにくくなっています。

しかしながら新品時などは芯線が収縮している場合が多く、ベルト交換で新品にしたときなどは熱の影響で芯線が伸びるため、適正な張力にしないと交換直後でもベルト鳴きが発生することがあります。

もう一つは使用によりゴム部が磨耗していくことによって張力が低下しベルト鳴きが発生するパターンです。

3,テンショナー、プーリーの錆び

プーリーやテンショナーは金属製ですので水分が多い場所での自動車の保管でサビが発生することがあります。このような状態ですとベルト鳴きが発生しやすくなります。

4、補機類の故障

パワーステアリング、エアコンなどで故障が起きてポンプやコンプレッサーがロックすると激しいベルト鳴きが起こりエンジンルームからゴムの焼けるようなにおいがすることがあります。

このような状態ではほかベルトが切れたときと同じような不具合も発生しますので気が付くかと思います。

■異常の判断基準


ベルトの劣化状態によっては交換しなければいけませんが判断は目視によって行われます。

特別な技術は要しませんが見にくい場合は懐中電灯などで照らしてベルト表面に亀裂などが入っていないか確認しましょう。細かい亀裂でも5年以上使用しているような場合は交換したほうが安全です。

深い亀裂や避けている場合は異常と判断し早急に交換を行いましょう。ベルトはエンジンルームの前に立ってエンジンの左端についています。

ホンダ車で現行車でない場合は右側についている場合もあります。
また詳しいベルトの役割、ベルトが切れたときの不具合、ベルトの交換時期については「ベルトのメンテナンス」を参考にして下さい。

ベルト鳴き止め方法については「ベルト鳴き止め対策」を参考にしてください。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005