ブレーキ鳴き止め対策

自動車やバイクのブレーキには避けて通れないブレーキの鳴き止め対策、軽減方法について。

まず今出ているブレーキ鳴きが残量が少なくなっている警告音でないことを自動車のブレーキ鳴きで確認してから当記事の鳴き止め対策を読んでください。

■ブレーキの鳴き止め対策


1,ブレーキ面取り

ブレーキ鳴き止め対策方法として一番ポピュラーでよく行われる方法ですが、ブレーキパッドの表面と角部を100番程度の荒めの紙やすりなどでを研磨することによって摩擦係数を変化させて共振を抑えてブレーキ鳴きを軽減する方法です。(ブレーキ鳴き=ブレーキパッドとディスクの共振です)

2,ピストンバック

ブレーキキャリパーのピストンを一回押し戻す事によってキャりパーピストンのこじれを修して正当りを均一化させる目的で行います。これによっても共振点をずらすなどの効果があります。

3,スリット切削

ブレーキパッドの中心にスリット(切り込み)を入れることにブレーキパッドの接触面を2分割することによって共振を起こりにくくします。スリット入りのブレーキ鳴き対策パッドも出ているくらいなので効果は結構高いです。

ただし作業はシビアなので整備工場などに依頼するのがベストです。自分で作業する場合はイトノコなどで行うとスムーズに行くと思いますが、自己責任で作業を行ってください。

4,パッド交換

摩擦係数が高いほどブレーキ鳴きが発生しやすいため、若干摩擦係数の低いブレーキパッドに交換する方法です。ロングライフ(長持ち)タイプのブレーキパッドは摩擦係数が低い傾向にあります。

逆にレーシングタイプのブレーキパッドは摩擦係数が高くブレーキ鳴きが発生しやすい傾向にあります。

5,鳴き止め剤塗布

別名制動バランス向上剤と呼ばれるものの塗布で、最も簡単なのですが最終手段にしていただきたいと思います。限度が分かっていれば安全に使えるものですが、明らかに制動力が低下します。

ブレーキパッドの両端に少しずつ塗布する程度で十分です。他にも鳴き止め剤はいくつか種類があり作業は簡単ですが効果の持続はいずれにしても短いです。

6,シムのグリス補充

ブレーキパッドにはシムと呼ばれる金属板がついておりパッドとシムの間にはグリスが塗布されておりダンパー作用によりブレーキ鳴き防止などの役に立っています。

しかしグリスはブレーキの熱を受けて溶け出したり劣化して徐々に機能を失っていきます。そのためブレーキ鳴き防止対策として専用グリスを補充する方法があります。

グリスは通常のシリコングリスでも構いませんがワコーズのブレーキプロテクターグリス等の硬度の高いグリスは抜群のダンパー効果で鳴き止め対策に適した特殊グリスです。

■ブレーキの初期鳴きについて


ブレーキ鳴き止め対策についていくつか提案しましたがそもそもブレーキ鳴きは自動車にとって避けては通れないもので100%止める確実な方法は一般的な手法では存在しません。

特に初期鳴きと呼ばれる朝一番車を動かすときに軽くブレーキを踏んだときに出るようなブレーキ鳴きは原因がディスクローターに付着したブレーキダストのサビや結露による水分の付着であったりするため鳴き止めが困難です。

■ワンポイント

しかしながらキャリパーの形状などにブレーキ鳴きを誘発する原因があり、改善対策が入っている場合もあるかもしれませんので取扱店のディーラーなどに相談してみるのはいいと思います。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005