This page:自動車の趣味超越log TOP > 車の異音・振動 > ブレーキ鳴きの原因と異常

ブレーキ鳴きの原因と異常

自動車やバイクのブレーキ鳴きの発生メカニズムと正常、異常の判断について。

■一般的なブレーキ鳴き


自動車のブレーキはディスクロター又はブレーキドラムとパッド又はライニングと呼ばれる摩擦材との摩擦力によって制動力を発生させています。

摩擦力は通常、制動力と熱に変換されますがブレーキ装置の摩擦係数は気候、温度、湿度によって変化しますので場合によっては音に変換されます。

これがいわゆる一般的に「ブレーキ鳴き」と呼ばれている現象ですが異常ではありません。

■異常時のブレーキ鳴き


ブレーキ鳴きの中でも異常なものもあります。

ディスクブレーキではブレーキパッドが無くなる前にパッドウェアインジケータと呼ばれる金属部品がディスクローターに接触させることによって故意的に金属音の異音「キーキー音」を出し交換時期を知らせる仕組みになっています。

これは一般的な自然現象によるブレーキ鳴きではなく異常を知らせる異音といえます。

完全に聞き分けるのは困難ですがブレーキング時に常時鳴いているような場合は異常である可能性が高いのですぐに点検を受けた方が安全といえます。

またブレーキパッドが完全になくなってしまうと摩擦剤であるパッド部分の裏金が直接ディスクローターに接触することによって激しい異音や「ガーガー」や「ガリガリ」といった音がしブレーキペダルにも感覚が伝わってきます。

また制動力の低下やブレーキ装置の損傷による効き不良がおき大変危険です。
ブレーキの初期鳴きやブレーキ鳴き止め対策についてはこちらを参考にして下さい。


%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005