This page:自動車の趣味超越log TOP > 自動車添加剤解析 > オイル添加剤のレビュー > オイル添加剤スーパーゾイルの効果

オイル添加剤スーパーゾイルの効果

オイル添加剤のスーパーゾイルの効果などについて

■オイル添加剤スーパーゾイルの効果(公表)


スーパーゾイルの効果について販売元が公開している情報を要約すると以下の通り(管理人が編集)

スーパーゾイルの成分は合成基の特殊有機化合物と鉱物油との合成油からできており、テフロン系のオイル添加剤に含まれるPTFE、一般的な摩擦低減を目的とするモリブデン等の固形物を一切含んでいないためクラッチを滑らせたり、オイルフィルターを詰まらせたりすることはない。

※テフロン系のオイル添加剤に含まれるPTFE、モリブデン等の固形物が全てクラッチを滑らせたりオイルフィルターを詰まらせたりするという認識は間違いです。(管理人)

また、極圧潤滑に高い効果を発揮するが有害である塩素系やパッキン、ガスケットなどを侵食する有機溶剤系の成分は一切使用していない。
以下のスーパーゾイルの効果①~⑧までQ&Aから抜粋編集。

①、効果は車両の状態と乗り方によって異なりますが新車からで約2万キロ、中古で1万~1万5千キロ持続する。オイル交換を目安にするなら3~4回に一度添加する。

②、原理としては金属表面を熱と圧力を利用して化学反応によりオイル潤滑にとって理想的な状態に変化させ、摩擦低減と打音やメカノイズを低減させる。

③ならし運転で当たりが出た時にはすでに金属表面は傷んでいるため新車から使用するとより確実にエンジンの保護に効果を発揮する。ただし新車で使用した場合は比較ができないため効果を体感しにくいが確実にエンジンの寿命を伸ばす。

④軽い焼き付きやオイル上がりを修復できる。

⑤、ゾイルを使用するとエンジンオイルが汚れなくなるので通常の交換サイクルより3割~5割程度延ばして交換で問題ない。

⑥サーキット走行などでは摩擦低減による油温の上昇を抑えて熱だれを防止する。またエンジンレスポンスが向上してトルク、パワーがアップして吹け上がりもよくなる。

⑦燃費に関しては色々な要素が関係いたしますので一概に言えず、加速がよくなった分アクセルを開け過ぎたり、より高速で走ったりする場合は当然結果はでない。通勤、通学等で同じ距離を同じように走っている方々から約10~20%燃費が向上したという報告は多数あり。

⑧、スーパーゾイルはターボ・タービンのような高温、高回転の部分に抜群の効果を発揮する。

以上スーパーゾイルの効果(公表)を管理人が簡潔に編集しました。さまざまな情報や自動車エンジニアとしての視点から以上の公表効果を解析してみたいと思います。

そんなことよりスーパーゾイルの価格などが知りたいという方はこちらを参考にして下さい。

■オイル添加剤スーパーゾイルの効果を事実と理論で解析


①~⑧についての解析

①の効果の持続性についてはもう少し短いとの見解もありますが僕自身は金属表面改質系のオイル添加剤の中では控えめで妥当な効果持続性だといえます。

②について金属表面改質系のオイル添加剤は塩素系の物が多いのですがスーパーゾイルは一切含んでいないと言い切っていますので塩素以外で金属表面に改質膜を形成していると考えられます。

これによる摩擦低減効果、メカノイズの低減は大いに期待ができます。

③は慣らし運転が終わるまでやめたほうがいいとの見方もあるのですが僕は新車時から使っても構わないと思います。ただ新車時からの使用をお勧めするという意味ではありません。

④については過度の期待は禁物であるといえます。焼き付きを起こしてしまったようなエンジンは歪みなどを全体的に生じている可能性も高いですし、オイル上がりについてもスーパーゾイル自体の効果が永久でないのにも関わらず治るという表現は少し違うと思います。

軽度の症状についての改善効果、応急処置として考えましょう。

⑤の表現は問題です。エンジンオイルが汚れないというのはありえませんし、エンジンを始動しなくても劣化はしますのでエンジンオイルは定期的に行いましょう。

⑥のサーキット走行や過負荷走行ではレスポンスの向上などを感じやすいかもしれませんが油温を左右するのに摩擦熱ではなく燃焼による熱です。摩擦抵抗低減に偽りはありませんが油温についてはおまけ程度に考えていおきましょう。

⑦まったくその通りで良心的な解釈です。10~20%というのはユーザーインプレッションによるものなので測定方法なども確立されていませんので参考までに。それ以上の効果があったという方もいらっしゃるようです。

⑧のターボについてですがターボ車のタービンは超高速回転で1分間に20000回転にも達しますが流体摩擦といって軸上でフローティングした状態で潤滑していますので摩擦抵抗は少なくなっています。しかしながらこれだけの超高速回転域であれば熱による焼きつき防止などには絶大な効果を発揮するでしょう。

■スーパーゾイルの効果・結果と総論


以上、わざと辛口評価をしましたがスーパーゾイルの公表されている効果などはかなり的確で他のオイル添加剤に比べるとずいぶん控えめで誇大広告的な要素が少ないといえます。

辛口な理由は効果としては最低限認められるであろうという解説をさせていただいたからです。ただ1点残念だったのはオイルの交換時期についてのアドバイスが不適切であったことです。

これはQ&Aから抜粋した情報なのでまあ良しとしましょう。再三書いている摩擦抵抗のことについてですが流体抵抗だのわけのわからないことを書きましたが↓

摩擦とオイル添加剤について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

スーパーゾイルは数あるオイル添加剤の中でも評判がよくユーザーインプレッションなどではかなりの高評価で信者やリピータもたくさんいます。

このことからスーパーゾイルというオイル添加剤について僕は理論に基づいて誇大広告にならないように辛口に書きましたが、効果のあるオイル添加剤ということができると思います。

スーパーゾイルの商品情報などについてはこちらを参考にして下さい。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005