This page:自動車の趣味超越log TOP > 自動車メンテナンス > ブレーキオイルのメンテナンス

ブレーキオイルのメンテナンス

ブレーキオイルの役割、メンテナンス不良による不具合や交換時期などについてです

※ブレーキオイルはブレーキフルードと書かれているものもありますが同様のものです。当記事ではブレーキオイルに統一させていただきます。

■ブレーキオイルの役割

ブレーキオイルはブレーキペダルの踏力をブレーキキャリパーのピストンまで伝える役割をしています。実は液体であれば水でもジュースでもブレーキを作動させることは可能です。

しかし求められる性能としてゴム部品、金属を腐食させないこと、科学的に安定していること(オイル自体が腐らないこと)、沸点が高いことが挙げられますので専用のオイルが使用されています。

■ブレーキオイルと不具合


ブレーキオイルは大気中の水分を吸収しやすく、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり沸点が下降します。

このまま使用し続けると山道などでハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰して気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

このような現象をベーパーロック現象と言い大変危険なのでブレーキオイルは車検ごと(2年)に確実に交換することをお勧めいたします。

ユーザー車検、ユーザー代行車検などで整備不良になっていると十分起こり得る不具合なので注意しましょう。

■ブレーキオイルの交換時期


ブレーキオイルは色などでも汚れは判断できますが、交換基準はあくまで水分吸収量です。これを判断するのは特殊な機器を使って判断することができますが一般的ではありません。

そこで期間によって交換時期を判断するのがベストだと思います。

交換サイクルは車検ごとがオススメでスポーツ走行、サーキット走行をされる方は※沸点の高いブレーキオイルを使用し1年ごとに交換することをオススメします。

沸点の高いブレーキオイルについて
ブレーキオイルはDOT(ドット)という性能表示がされており通常のものはDOT3でスポーツ走行ではDOT4、レース専用などさらに過酷な使用の場合はDOT5が使用され数字が大きいほうが沸点が高くなっています。

ただし通常互換性があるのはDOT4まででDOT5は入れないようにしましょう。ブレーキのシール類(ゴム部品)をいためる可能性があります。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005