This page:自動車の趣味超越log TOP > 洗車方法ガイド > 手洗い洗車 > 鳥の糞害と車塗装ダメージ

鳥の糞害と車塗装ダメージ

塗装のダメージとして厄介なのがこの鳥の糞害です。対策と除去方法を挙げてみます。

■鳥糞は車にどのような被害を与えるか


鳥の糞は酸性で長い間塗装に付着した状態にしておくと例えコーティングやワックスがかかっていても塗装膜まで浸透して酸化、腐食してしまいます。特に夏の炎天下では塗装膜への侵食が早い傾向にあるので要注意です。

ガラス繊維系のコーティング剤は比較的鳥の糞害には強いとされていますがあくまでも低減レベルで完全防御とまではいかないと思った方が良さそうです。

●鳥の糞害の対策・除去方法


鳥糞の対策としてワックス、コーティングはかけていたほうが良い。かかっていなければ塗装に直接ダメージが加わるため時間的な猶予が少ないためダメージが大きくなりやすい傾向にある。

特にガラス繊維系のコーティング剤は鳥糞のような酸性の汚れの耐性が強いとされているため施工の予定があればオススメしたいと思います。

そして何より付着を発見したらすぐに拭き取ること!これが一番です。固まっている場合は無理に擦らず水で5分~10分ふやけさせてからスポンジや柔らかい布で拭き取ることによって傷つきを防止できます。



●シミがついてしまったら


残念ながら洗車しても落ちないようなシミがついてしまったら少し磨いたくらいでは落ちません、塗装膜を侵食してしまうため、もとの状態に戻すには侵食している部分を全て研磨しなければならないのです。

手作業ではまず無理なのでポリッシャーなどにコンパウンドをつけて作業を行いますが強引に塗装膜を研磨してもどこまで研磨すれば消えるかという保証もないので少し研磨してみてまったく効果がなさそうであれば無理に自分で作業をしないほうが無難です。

研磨のしすぎは取り返しのつかないことになる可能性もありますので十分注意を。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005