This page:自動車の趣味超越log TOP > 洗車方法ガイド > 手洗い洗車 > 花粉と塗装ダメージ

花粉と塗装ダメージ

車のボディーへの花粉付着の影響と対策方法について。

■花粉の付着とダメージ


花粉は樹液と違いボディーにまんべんなく積もります。春になりスギ花粉が飛ぶ頃になれば車のボディー表面がうっすら黄色くなっているのを感じることがあるとおもいます。

あれが花粉です。もちろん風の強い日などでは砂埃も多いのですが、花粉かどうかは窓を拭くなどすれば明らかに解ります。

砂と違って若干の粘性があるため通常の水ぶきでは思うようにキレイになってくれません。クリーナーなどを含ませたセーム革で拭き取ることできれいになります。

ボディーへの影響が出るのは雨天の後です。花粉の油分が雨で溶け出しボディー上で熱せられ乾燥するとウィータースポットのようなシミが無数にできます。

コレを長期間洗車をしないで放置してしまうと本当に落ちない状態になってしまいます。イオンデポジットの一種のような感じです。

ウォータースポットやイオンデポジット対策についてはリンク先へ。

■車の花粉対策


正直なところこのような塗装ダメージは季節的にしか起こりません。年中花粉は飛んでいますが塗装に影響が出るような大量飛散は3~4月の花粉症ピーク時くらいです。

この時期は天気も不安定なことが多く雨と晴天を繰り返すため塗装面にとっては花粉という悪い要素も加わるため好ましくありません。

ということで洗車の回数を増やすことがオススメです。花粉による塗装侵食スピードはよっぽど塗装面が傷んでいない限り遅いものです。

1週間に1回くらいは洗車して積もった花粉を取り除いてあげましょう。

1,ワックス、コーティングによる防御対策

基本中の基本ですがワックスコーティングによる塗装面の防御は必須です。コレは車の取扱説明書のメンテナンス項にも明記されていることです。

すなわち車の塗装にワックス、コーティングは必要なものです。とメーカーが言っているわけです。

強力な被膜を形成する硬化型のガラスコーティングなどで侵食を防御するような手法がお勧めです。弱い被膜は結構簡単に突破されてしまう傾向にあります

2,すでにシミができていたら


花粉による侵食はよっぽど放置しない限り侵食は穏やかです。洗車を行ってバフ研磨を全体的にかけてやれば落とすことが可能だと思います。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005