エンジンオイルの種類

エンジンオイルの種類(化学合成油、鉱物油など)と選び方について

■エンジンオイルの種類による選び方


一口にエンジンオイルの種類と言ってもさまざまな種類のオイルがあって自分で選ぼうと思っても何が何だかわからないという経験はありませんか?そこでエンジンオイルの種類による正しい選び方と知識をご紹介します。

化学合成油

エンジンオイルの中でも化学合成油は最高峰の性能を誇る部類に属す種類のエンジンオイルです。科学的に分子配列を組み替えて作られたエンジンオイルで科学的に安定しており劣化しにくく、高温でも油膜が強く、低温でも滑らかで、洗浄作用も高い。

良い事ばかりのようですが価格が高いという欠点を持っています。ターボ車やスポーツ思考の方、車を大切にしたい方にオススメのエンジンオイルです。

化学合成油は別名シンセティックオイルとも呼ばれ、そのままですが合成油という意味を示しています。化学合成油(シンセティックオイル)のなかでも成分によって細分できます。

代表的で有名な化学合成油はエステル系のエンジンオイルのニューテックやPAO(ポリアルファオレフィン)とエステルの合成油のガルフオイル、非ニュートン系弾性被膜オイルのBE-UPなどが高性能エンジンオイルとして有名です。

部分化学合成油

化学合成油と鉱物油をブレンドすることによって化学合成油の長所を生かしながらコストを抑えた種類のエンジンオイルで、レースでもしない限りその性能は限りなく化学合成油に近い高性能を発揮します。

またセミシンセティックオイルとも呼ばれ意味は同じですが配合される化学合成油の種類(PAO、VHVI、エステルなど)によって大きく性能が異なるのが特徴です。

エンジンオイルを選ぶ時にターボ車、スポーツ思考でオイルの性能にこだわりたいが価格が気になる方にオススメのエンジンオイルです。

エンジンオイルの種類の中でも中途半端な位置である感じもしますがエンジンオイルの交換サイクルが早い管理人がバイクに乗っていた時はもっぱらこの部分化学合成油の使用がメインでレースの時だけ化学合成油を使用していました。

さらに添加剤の使用も考えている方はオイル添加剤ZOILを配合しているセミシンセティックゾイルを使用すればエンジンオイルと添加剤を別々に買う必要もないかと思います。

管理人オススメの部分化学合成油はWAKO'S(ワコーズ)エンジンオイルPROです。リッター1500円でこの性能ならかなり安い部類だと思います。

燃費重視なら5w-30、スポーツ走行なら10w-40で十分な性能を発揮します。

鉱物油

原油から精製されたオイル(重油)で原油の品質にも性能の影響を受けてしまうのが欠点ですが近年の鉱物油は通常使用での走行ではかなりの高性能で燃費に優れた高性能なオイルも一般的となってきており、なんといっても嬉しい低価格が魅力のエンジンオイルです。

高負荷走行を目的とせず普通の使用状況で経済性重視ならこのエンジンオイルで十分な性能です。さらに現在は省燃費エンジンオイルなどの開発も盛んなので燃費重視の走行をする方にはオススメのオイルです。

エンジンオイルの密かな流行は省燃費エンジンオイルです。トータルの性能では劣ってしまう鉱物油ですが省燃費オイルなら価格を考えれば鉱物油はお得です。

現に鉱物油の主流はECO(省燃費)をうたった商品が急増しています。仕事の役職柄、省燃費オイルには少し自信がありますので紹介させていただきます。

まず一番オススメしているのがWAKO'S(ワコーズ)のZERO20でオイルの粘度は0w-20で現在もっとも燃費性能に優れているエンジンオイル粘度の高性能潤滑油です。

お客さんからの口コミでよく耳にする省燃費エンジンオイルがエッソウルトラフロー5w-20で価格もリーズナブルですし、走行テストによる実験解析結果は持ち合わせていませんが試してみても損はないかと思います。

■エンジンオイル選びのアドバイス


高性能のオイルは確かに劣化しにくく理論的には長持ちするのですが、通常考えられる自動車の使用状態ですと高性能のオイルを長く使うよりも価格の押さえられた鉱物油を交換時期を守ってこまめに交換したほうがエンジンにとっても、経済的にも優しいと思います。

しかしながらエンジンの高性能化やタイミングベルトからタイミングチェーンへの移行が見られる現在の自動車エンジンの事情を考えると高性能なエンジンオイルを選んでおいても間違いはないと思います。

特に注目されるエンジンオイルは化学合成油のエステル系と呼ばれる~エステルという成分を配合したエンジンオイルは極性でシリンダー壁やピストンに強力な油膜を形成し油膜切れやドライスタートを強力に予防します。

値段がまだまだ高額ですがこれから普及によってもう少し価格が下がってくるかもしれませんし、エステル系と鉱物油の部分化学合成油で試してみるのもいいかもしれません。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005