This page:自動車の趣味超越log TOP > カー用品の知識 > 電気・電装パーツ > HID(ディスチャージ)ヘッドランプ

HID(ディスチャージ)ヘッドランプ

最近の人気装備HID(ディスチャージ)ヘッドランプの純正交換タイプやシステム注意点。

■HID(ディスチャージ)ヘッドランプとは?


HIDディスチャージヘッドランプ、キセノンランプなんて呼ばれ方をしてますが一般的に全部同様のものを指します。

少し前まで高級車のステータスでしたが現在は小型車などにも標準装備するようになってきており、ふわっと点灯する感じや青白く鋭い光で現在大人気の装備の一つになっています。

従来のハロゲンランプとの相違点は消費電力が少なく光度が高いことで、わかりやすい原理の説明としては白熱灯の電球と蛍光灯の蛍光管の違いといったところでしょうか。

HID(ディスチャージ)ヘッドランプは蛍光灯のように電球(蛍光管)の中で放電発光する方式を採用しているためフィラメントというものがなく球切れという現象がないので寿命も長いですが点灯しなくなったときの交換費用は実費だとハロゲンランプの10~20倍は軽くかかってしまうのが欠点です。(システムごと故障するとさらにその3倍くらいかかります)

■HID(ディスチャージ)ヘッドランプ購入時の注意点


後からHID(ディスチャージ)ヘッドランプを取り付ける場合はコンバーターキットとセットになっているものを買って取り付けましょう。HIDヘッドランプのバルブ(球)はバーナーと呼ばれるものでこれだけでは点灯できませんのでご注意を。

HIDのバーナーは交換用で別売りになっているためカー用品店などで購入するときコンバータとセットではなくバーナーだけ買ってしまう失敗をしないようにしましょう。

取り付けも比較的容易で商品信用度も高いサンヨーテクニカ HIDヘッドランプ フルキット 6000Kは蒼白色で取り付けた中ではオススメの一品です。

※サントーテクニカ製は安価で人気だったのですが、最近トラブル続き(保証期間内ですが)だったので(製造ラインで)純正部品に採用されている信頼性の高いHIDヘッドランプをオススメします。精密部品なので安いものは不具合発生、故障する可能性も少なくありません。

故障は運もありますが値段よりも少しでも信頼性の高いHIDヘッドランプを選んでおきたいものです。オススメしたPOWER VIEWのHIDはバーナーキット(電球の事)とパワーユニット(昇圧コンバータ)が別売りまたはセットになっているので購入時は気をつけてください。

HIDヘッドランプの車検適合性

HIDヘッドランプの発色は色温度に左右されK(ケルビン)で表されます。車検に適合する明確な発色温度はありませんが通常6500K以上では(光が蒼すぎて)車検に適合しないケースが多いようです。 また車検の適合には十分注意しておきましょう。

よって蒼白色が魅力のHIDヘッドランプですが5500KのHIDランプ(バーナーキット)または上のリンクで紹介させていただいた6300Kのものが車検適合の分かれ目なのでよく確認して購入するようにしましょう。

スラントドライブ方式のHIDユニットを選ぶ

通常の後付けHIDヘッドランプはLOWビームだけHIDでHIビームはそのままのハロゲンランプが主流でした。しかしながらPOWER VIEWのスラントドライブ式はHIDバーナーを可動させることによってLOW/HIビーム切り替え式のHIDユニットを実現しています。

今までHIビームだけハロゲンで不満を持っていた方は是非スラントドライブ式HIDヘッドランプをオススメします。夜の山道などを走行するときは感動ものです。

スラントドライブ式は「LOW/HI切り替え式」、「H4Dタイプ」と表示されているはずです。

■純正HID(ディスチャージ)ヘッドランプをパワーアップ!


純正のHID(ディスチャージ)ヘッドランプは色温度の低い(4500K)程度の淡黄色に近い白色なので蒼白色を求めるなら電球(バーナー)だけ交換してパワーアップする方法があります。

パワーアップバーナーと交換することによって、より蒼白色の照射光線にすることが可能です。色温度が高いほど蒼っぽい色になりオススメは5500K純正交換用HIDバーナー(バルブ)または純正交換用HIDバーナー(バルブ)です。

■HID(ディスチャージ)ヘッドランプ取付け時の注意点


自分でHID(ディスチャージ)ヘッドランプを取り付けすることは面倒ですが難しくはありません。取付け説明書を見ながら付けていけば付くようにしか付きませんからご安心を。

ただしバッテリーのマイナスターミナルは外して作業しましょう。ディスチャージのシステム上、端子間放電するためにコンバーターで12Vを約20000Vまで増圧して放電させています。つまり感電しやすく、感電すると結構痛いです。

管理人はどんなもんかと点灯中にバーナーをいじってみたら見事に感電しました。電流量はたかが知れているので火傷などはしませんでしたが指先で感電して肩が跳ね上がる程度です。好んで感電する方はいないでしょうがせっかく体を張って検証したのでどうか感電には十分注意して作業をしてください。

※HID(ディスチャージ)ヘッドランプのシステムの追記


HID(ディスチャージ)ヘッドランプのシステムは点灯時に増圧によって20000V付近まで跳ね上がりキセノンガスが安定してくると80~100Vで安定させ点灯を維持するため通常のハロゲンランプより消費電力が少なくなっています。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005