This page:自動車の趣味超越log TOP > 洗車方法ガイド > カーワックス・コーティング > 効果長持ちカーワックスのかけ方

効果長持ちカーワックスのかけ方

何気なく塗るだけがカーワックスのかけ方ではありません。

■カーワックスのかけ方の工程


カーワックスのかけ方と言ってもたいしたことはありません。下地処理がしっかりできていればどんなワックスでもコーティング剤でもそれなりの効果を発揮してくれるはずです。

でもせっかくコンパウンドでバフ研磨までの作業をした方ならなるべくいいものを選びたいものですよね。話は逸れましたがカーワックスのかけ方です。

①ワックスをかける前の注意点


下地処理、バフ研磨工程でマスキングをしていればそのままで構いませんが、マスキングをしていない場合は、ウォッシャーノズルやゴムの黒い部分などワックスやコーティング剤が付着すると取れにくく厄介なのでマスキング処理をしておく。

マスキングとは覆い隠すことからマスクの進行形→マスキングと呼ばれており専用のテープがあります。専用のものでなくてもいいですが専用のテープははがすときもスムーズにはがれ作業性がいいので是非購入することをオススメします。高いものではありません。

②ワックスをかける順番


作業は効率を考えて上のパネルすなわちルーフ(天井)からかけましょう。拭き取るときにワックスの粉が下のパネルに付着するのを防ぐためです。

オススメの順番はルーフ → ピラー → ボンネット → トランク → 後は自由です。

③ワックス塗りこみ工程


専用のスポンジにワックスを適量とり一定方向に(僕は縦方向をオススメします)塗りこんでいきます。ついつい円形を描きながら塗りこんでいきたくなりますがここはぐっと我慢。仕上がりは一定方向に塗りこんでいったほうがきれいです。

これは下地処理の状態にもよるのですが光が当たったときの乱反射の具合が円形に塗りこんでいったときより一定方向に(縦)塗りこんだ方がムラがなく見えるからです。


④、拭き取り工程


1パネルカーワックスを塗り終わったら拭き取るようにしましょう。長時間ワックスを塗りっぱなしにしても悪いことはあってもいい事はありません。

塗りっぱなしにすると高温時は特にワックス成分の焼きつきによってムラやしみなどの原因となりますので拭き取り残しなどにも注意してください。

⑤、終了!自己満足工程


もしもこのカテゴリー≫「新車以上に保つ洗車術」を最初からこの記事まで実行してきた方がいましたら仕上がり具合を見て思う存分惚れ惚れしましょう。お疲れ様です。

こうして自動車の魅力に取り付かれていくのです。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005