This page:自動車の趣味超越log TOP > 洗車方法ガイド > カーワックス・コーティング > 撥水性カーワックス・コーティング剤

撥水性カーワックス・コーティング剤

カーワックス・ポリマーコーティングの王道、撥水性の効果と性能です。

■撥水性カーワックス・コーティング剤の種類


カーワックスの種類として液体、半ねり、固形ワックスや拭くだけタイプ、撥水ポリマーコーティング剤などに大分して各タイプの性能、性質などを紹介していきますので参考までに。

1,液体タイプワックス(洗車不要タイプ)


液体タイプのワックスは手軽で作業性もよく使い勝手はいいのですがその効果はまちまちで基本的には効果期間は短い傾向にあります。

ただ意外と艶なんかに関しては手軽さから考えると想像以上の仕上がりになるはずです。このタイプは洗車両用(洗車しながらタイプ)になっているものもありますが洗車してからかけると、よりきれいに仕上げることができます。

洗車不要タイプではありませんがゴールドグリッターなんかはリキッドワックスの中では例外で効果が高く持ちもいいのでワックスがけが苦手な方にはオススメの一品ですね。

2,半ねりタイプのワックス


ワックスはこのタイプが一番使い勝手がよく仕上がりもきれいなので使っている方は多いかと思います。ある程度の汚れはワックスがけしながら落とせるという性質があり、これはコンパウンド(研磨剤)を含んでいるため汚れを削り落とすためです。

このためキチンと拭き取りをしないとワックスで落ちた汚れがワックスと混合してボディーに残ったままになり強力な汚れになってしまいます。(よくこの状態を見かけます)

艶や撥水性も超本物志向でなければ十分納得できる仕上がりにすることができます。

3,固形ワックス


研磨剤を含んだものもたまに見かけますが、基本的に固形ワックスは塗装表面のコーティングのみを目的としたワックスです。すなわち塗装表面に汚れが残っていればそのまま汚れの上からコーティングしてしまい、汚れはちょっとやそっとじゃ落ちなくなります。

この状態を防ぐには下地処理工程の実施やクリーナーによる丁寧な汚れ落しが必要で固形タイプのワックスはかなりワックスにこだわる方のプロ仕様といえます。

その分その仕上がり状態は艶の深みなどにおいては右に出るものはありません。ワックス効果持続力や撥水性能もかなり高い部類に属します。

シュアラスターなどは固形ワックスの中でも特にすげれており管理人もオススメです。

現にモーターショーや展示用には固形ワックスによる艶出しを行っていることも多いのです。

■撥水ポリマーコーティング剤


実は最近ワックスとポリマーの違いが分からなくなりつつあります。ですからこの分類方法にも若干矛盾が出てしまうののですがここは押し切ります(笑)

低分子化合物の結合体の巨大分子のことをポリマー(高分子)というのですが、これを塗装膜表面にコーティングすることをポリマーコーティングといいます。

従来ではワックスは「ロウ」を含むもの、ポリマーコーティングは「ロウ」の代わりに読んで名のごとくポリマーを皮膜形成するものという定義が自分の中であったのですが、最近は高分子ポリマー入りワックスなるもの、それに類似するものが多数出ているため明確な定義ができなくなりました。

ということでポリマーの特徴は「ロウ」の成分に依存することなく化学物質の分子を塗装表面に皮膜形成または結合させることによって高い撥水、防汚性能を発揮します。艶についてはワックスに一歩及ばない傾向にあるものの大差を感じるほどではありません。

フッ素系などが主流でコーティング皮膜硬度がワックスに比べてかなり高いので持続性、防汚性能においてはワックスタイプを大きく上回ります。

※カーワックスの「ロウ」とは、カルナバロウと呼ばれる油脂成分ですが、ろうそくの「ろう」と同じ意味ととらえていただいたら分かりやすいかと思います。
以上は各タイプの撥水性ワックス・コーティングの一般的な概要です。現在はタイプが多様化して分かりにくくなっているかと思いますが、上記の内容で大体どのようなものなのか理解ができるかと思います。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005