This page:自動車の趣味超越log TOP > 洗車方法ガイド > カーワックス・コーティング > カーワックス・コーティング剤の選び方

カーワックス・コーティング剤の選び方

あなたの求めているカーワックスの種類と性能がきっと分かります。

まずホワイト・淡色専用とダーク・濃色用の違い洗車用品カーシャンプーの選び方に書いてありますので参考にしてください。カーシャンプーもワックスも選び方と理由は同様です。

カーワックスやコーティング剤の種類はさまざまであり、さらに成分や施工の仕方などがそれぞれ異なり全て調べて検討するということは結構面倒です。


そこで少しずつ理解を深めて自分が求めてるカーワックス・コーティングはどのようなものなのか知るために、まずは「親水系」と「撥水系」どちらにするか決めましょう。

■撥水性カーワックス・コーティング剤の特徴


撥水性とはその名のとおり水をかけたときにキレイな水の玉になって流れ落ちるタイプでカーワックス・コーティングの王道のタイプです。

このタイプは塗装膜の上に塗りこんで皮膜を形成することによって、細かい凹凸を埋めて滑らかにしたり、汚れの付着を防いだり、強力な撥水をしたり、深みのあるつやを出したりします。

このように基本的に塗りこむ素材の効果が高ければそれに比例して各性能や効果の持続性は高くなりますが昔から問題点が一つありました。それがウォータースポットです。


ウォータースポットについて


撥水効果によって玉状になった水が太陽の光を受けてレンズの役目を果たして塗装面を焼いてしまい、焼き付き跡が輪の形に残ってしまう現象です。

特にダークカラーの車はこの影響を受けやすく撥水系カーワックス・コーティング剤の課題とされてきましたが最近では超撥水によって水を微細化して撥水または流水することによってウォータースポットの軽減をしている商品もあります。

■親水性カーワックス・コーティング剤の特徴


親水性とは撥水性と違って水をかけると塗装の上にベターっと広がり極自然状態の撥水をするタイプで自動車ディーラーなどでも人気オプションになっており最近主流になってきたコーティングタイプです。

親水性タイプは下地処理をした上から塗っていき塗装表面に化学反応による皮膜を形成し、汚れの付着を防いだり、新車の輝きを維持したりと塗装の状態を維持していくのにもっとも適しています。

さらに最大の特徴は水をかけても玉状にならず水膜となって流れ落ちていくのでウォータースポットも防げるため安心できます。これが親水性が支持されている最大の理由だと思います。

さらに化学反応によるコーティング皮膜は劣化に強く、洗車も水洗いが主体でワックスタイプとは比較にならないほど長期間(長いものは年単位)の効果持続が期待できます。ただし専用のクリーナーが必要だったりするので完全に手入れ無しとはいきません。

代表的で効果が高いとされているのがガラス繊維系コーティング・ブリスアクアクリスタルなどです。

最近私が鉄粉対策で実験使用したピカピカレインも効果の高い親水性ガラス繊維系のハードコートポリマーです。

カーディーラーで施工の主流となっているテフロン樹脂系も親水性で、市販ではタフガードが高い効果と聞いてます。

親水性コーティングの問題点


放っておくと一見何もしていない車のようでワックスのように深みのある艶というのは出にくくなっています。実際には謳い文句のように水洗いだけで数年というわけにはいかず、環境や使用状態で持続性は大きく異なり専用クリーナの使用も結構面倒です。

あとはやはりユーザーの皆様からは親水性のコーティングは撥水していないから、かかっている気がしないなどのご意見をいただいたこともあります。(会社にて)

しかしながら現在はワックスに劣らない艶と被膜強度に優れているものの中にガラス繊維系コーティング・ブリスなどがあります。
あなたが求めているカーワックス・コーティング剤はどんなものがいいのか少し見えてきたでしょうか?親水性・撥水性が決まったら次の記事を参考にしてさらに絞り込んでみましょう。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005