バフ研磨に便利な用品

バフ研磨を効率的に行うための用品(マスキング、ネルクロスなど)。

バフ研磨による車磨きの手順で必要な主要用品をバフの種類と選び方コンパウンドの選び方ポリッシャーの種類、選び方で揃えたらほかに必要な小物を揃えます。

このページで挙げるものは何かと代用も効くものなので上で挙げた3つのバフ研磨用品のように必ず必要なものではありませんが、あると便利なもの、というよりか無いと不便なものなので揃えておきましょう。


■拭き取り用ネルクロス


コンパウンドで磨いた後には白く残りますので拭取り用のクロスが必要になります。乾いた布でも十分ともいえますがコンパウンドやワックス拭き取りクロスにはAUTO GLYM ハイテック・フィニッシング・クロスというマイクロファイバーのネルクロスがボディーにも優しく拭き取り性能が高いためオススメです。

ココは一つ味気ないタオルで拭き取らずワックスやコンパウンドを拭き取る専用のマイクロファイバー製ネルクロスを用意しましょう。タオルなどとは全くの別物です。

■マスキングテープ


黒いゴムの部分などに付くと落とすのが大変ですし白く残ってせっかくきれいに仕上げても見栄えが台無しになってしまいます。また作業中にウォッシャーノズルに付着するとつまりの原因になります。

このようなことを防ぐためにマスキングテープと呼ばれるものでゴム部分やウォッシャーノズルなどの付着させたくない部分にあらかじめ張っておくことによって付着を防ぎ作業性を向上させます。

ドアモールなどの凹凸部分はバフ研磨の時に集中して磨かれてしまい塗装透けなどが起きないようにあらかじめマスキングしておくという手法もあります。

マスキングテープの幅は12mmと24mmの2種類があればバフ研磨でのマスキングには十分かと思います。

■キャタツ

そこそこ車高の低い車でもバフがけするとなるとルーフ部分の作業は結構大変になってしまいます。ダメージを受けやすいルーフを手抜き研磨するワケにもいきません。

ポリッシャーはそこそこの重量がありますし、パワーもあります。無理な姿勢でバフがけを行ってポリッシャーが走ってしまったりすれば一大事です。

車をキレイにするつもりが板金屋さんに直行なんてことにならないようにしてください。洗車でも必要になりますのでほぼ必須ですね。


■コードリール


ドラムで巻いてある長距離延長コードのことをコードリールと言います。DIYでエアツールを使用する人は少ないでしょうから電動ポリッシャーを使うと仮定すれば必須です。

普通の物を買えば問題ありませんが、激安でコードが細いものは止めておきましょう。コードが加熱したりします。極端に短いものも使い物になりません。
以上で基本的に必要なバフ研磨工程での用品は一通り揃ったかと思います。(塗装ダメージや通常の洗車で落ちない汚れの対策用品などはカテゴリー「手洗い洗車」で公開しています。

次からはいよいよバフ研磨による車磨きの手順です。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005