This page:自動車の趣味超越log TOP > 洗車方法ガイド > 手洗い洗車 > 洗車傷をつけない洗車方法

洗車傷をつけない洗車方法

手洗い洗車で洗車傷をつけないにはどのような洗車方法が効果的か?洗車術公開。

洗車に適した環境と正しい洗車用品がそろえば後は洗車するだけですが、ここでは洗車傷をつけないために重要なポイントがありますので以下の手順を参考にして見てください。

■洗車傷をつけない洗車方法の手順


1,大まかな汚れを落とす

いきなり擦ってはいけません。まずは水圧によって大まかに汚れを洗い流します。このとき洗車場などで高圧洗浄機などが使えればベストですが家庭用で使えるジェットスプレーでも十分な機能を果たします。

最悪でも泥の塊などはジェットスプレーの水圧で除去しておきましょう!もし残っていたら洗車時に擦ったときに泥で擦ってしまい傷だらけになってしまう可能性があります。

洗車傷をつけないためにはボディーに乗っかっているだけの汚れは水圧除去が基本です。


会社では高圧洗浄機による下回り洗浄まで行いますがよほど本格的に作業するとき以外必要ないので高圧洗浄は洗車場に任せてしまうのがいいかと思います。

2,カーシャンプーを泡立てて擦る


適正濃度のカーシャンプーをよく泡立てた状態でスポンジを濡れた状態のボディーに乗せて擦る。擦るというよりもスポンジを乗せて撫でる程度で十分です。

洗車傷をつけない洗車は泡立てたスポンジが汚れの上を通過することによって泡に汚れが包み込まれて落ちていくといったイメージが正しいのです。

カーシャンプーでの洗車は汚れを擦り落とすものではないのです。あまり強くゴシゴシ擦ると一部分だけ擦ったあとが残ったりして塗装にむらがあるように見えたりします。

3,基本はルーフ(上)から洗車


洗車の手順の基本は上からです。つまりルーフから始まって、ボンネット、トランク窓、ドア、ボディーパネル、バンパーと言った順番がセオリーです。

なぜかというと水で流したときに汚れは上から下へと流れていますのでルーフを洗い終わって流したときに先にドアが洗い終わっていたら汚れが洗った上を流れ落ちるのですから流す手間が多くなってしまうためです。

4,乾く前に洗い流す


全て擦り終わってから洗い流そうとすると絶対に乾いてしまう部分が出てきます。汚れを浮かした泡が乾けば汚れは再付着しますのでせっかく洗った意味がなくなってしまいます。

そこで当たり前かもしれませんが上から1パネル洗い終わるたびに水で流すことをオススメします。こうすることによって乾燥による汚れの再付着や焼きつきを防止することができます。

5,洗車用ワイパー(通称カッパキ)の使用


以上の点に注意して洗いの工程が完了すれば後は拭き取るだけです。ここで効率を上げるため洗車用のワイパーを窓ガラスだけに使用することをオススメします。

洗車後の濡れている状態は水分によって砂埃などを吸着しやすいので、この状態でワイパーをボディーに使用すると洗車傷の原因となる可能性もあるので、念のためここではボディーに使わないことにしましょう。

6,拭き取り工程も上から順に


これも効率を考えたときに上から拭き取った方が良いという理由からです。拭き取りはなるべく早く水分をボディーからなくしてやることで洗車後の埃等のよごれを最小限に抑えることができます。

洗車のスピードに自信がなければ4,のように1パネルずつ拭き取る方法がいいかと思います。要は洗って水で流して拭き取るという一連の作業をを上のパネルから1つずつ完了させて行くということです。

効率が悪いようですが汚れが再付着するくらいならこの方法がいいかと思います。
拭き取り終わったらシャンプー洗車の工程は完了ですが細かいところの水分が気になる場合は各ドアを2,3回開閉してドアハンドル付近の水滴を拭き取って完了です。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005