This page:自動車の趣味超越log TOP > 洗車方法ガイド > 手洗い洗車 > カーシャンプーの選び方

カーシャンプーの選び方

ホワイト、淡色専用とダーク、メタリック、濃色車専用の違い。カーシャンプーの選び方。

洗車をするならまずはカーシャンプーを選びましょう。カーシャンプーの選び方、注意点の知識については以下の通り。

■ホワイト、淡色専用カーシャンプーについて


各メーカーで差別化の仕方が違ったりもしますがホワイト、淡色専用のカーシャンプーメタリック・ダーク、濃色車専用のカーシャンプーよりも界面活性剤(平たく言えば洗剤の成分)の成分が濃かったり、微量のコンパウンド(研磨剤)を含んでいたりするため水垢落としの性能が高い傾向にあります。

なぜかというとホワイトやシルバーなどの淡色車は傷が目立ちにくい反面汚れは目立ちやすいため日常の洗車で使うカーシャンプーにコンパウンド(研磨剤)が入っていても塗装がくすんだりすることは少ないからです。

■ダーク・メタリック車専用カーシャンプーについて


それではホワイト、淡色系のカーシャンプーがお得かといえばそれは違います。ダーク、濃色系の塗装はデリケートで傷などが目立ちやすいため研磨剤などを含んだホワイト、淡色系専用のカーシャンプーを使い続けると塗装がくもったように感じることがあります。

その分泡立ちを良くしていたり、界面活性剤の濃度を濃くするのではなく特殊な成分を配合して塗装を保護する配慮をしているカーシャンプーもあります。

オススメのカーシャンプー


結局のところ種類が多くて選びきれない場合は洗車王国で扱っているボディークリンというカーシャンプーは濃縮タイプで純粋に汚れ落しと泡立ちの面では文句のつけようがありません。ホワイト、淡色とダーク濃色兼用で使用できます。

水垢など通常の洗車では落ちない汚れを落としたい時は個別調合カーシャンプー「SP1」がオススメでしょう。このカーシャンプーはカラーや塗装面のコンディションに合わせて注文者だけのために成分配合してくれる水垢落とし用カーシャンプーです。

もちろん水垢落とし用なのでコンパウンド(研磨剤)を配合していますが、ダーク・濃色車の場合は目の細かい超微粒子コンパウンドを調合してくれるなどの配慮をしてくれます。

台所用洗剤などを使っても良いか?


洗浄効果そのものは台所用の洗剤のほうが強いかもしれません。実際使ってみると汚れはよく落ちるし泡立ちも抜群なので一見問題ないように思えます。

しかし通常カーシャンプーにはサビ止め剤などのボディーの塗装を保護する成分が含まれるのに対して台所用洗剤は純粋に油分などを分解する性能などに絞ってあります。

そのためサビが発生しやすく、タイヤなど油分がある程度必要なパーツの油分まで根こそぎ落としてしまいますので、できることなら専用のカーシャンプーを使用することをお勧めいたします。

ただしワックスやコーティングをかけることが前提なら脱脂効果の強い台所洗剤は安上がりで効果の高いカーシャンプーとして使用できるとも言えます。泡切れが悪いのでしっかりと濯ぎましょう。

■ワックス兼用型カーシャンプーについて


洗車にそれほどのこだわりを持たずにとりあえずキレイに見えれば良い、ワックス・コーティングは特別考えていないという方にはオススメで実際に一番売れているのはこのタイプなのではないでしょうか?

しかし洗車にこだわり新車の状態を維持したい!それ以上を目指したい!という方にはオススメはできません。カーシャンプーはあくまで表面の汚れ落としとして使用し、多機能を求めない方が洗車後に鉄粉除去や下地処理、ワックス・コーティングを施工するときに面倒がありません。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005