This page:自動車の趣味超越log TOP > 自動車の機構、知識 > 自動車のCVTについて

自動車のCVTについて

これからの自動車のスタンダード。CVTについてです。

■CVTとはどんなものか


CVT自動車の無段変速機構のことで最近はコンパクトカーを中心に多くの車種に搭載されています。自動という意味ではオートマチック車と大差がありませんが最大の違いは「無段変速」にあります。

従来オートマチック車は自動変速ながら、もっとも一般的な前進4速、後退1速の変速機構が設けられており性能は向上しているものの変速ショックを伴うものでした。

CVTはこの変速ショックをなくした画期的な変速機で重量の重い自動車には実現が難しいとされていましたが技術の向上により現在大型の乗用車などでも実用化されている注目の機構です。

■CVTの簡単な作動・構造


実はCVTは比較的新しい機構のため分解をしたことが無く(壊れると丸ごと交換のケースしかなかったため)内部を実際にいじったことはないのですが、用はスクーターと原理は変わりないです。

CVTは直径の変化する2つのプーリー(ギヤと考えておきましょう)でギヤ比を変化させ金属製のサイレンとチェーンで駆動しています。小さい径で大きい径のギヤで回せば力は弱くスピードは速い、これはオートマ車で言えば4速に近い状態。大きい径で小さい径のギヤを回せば力は強くスピードは遅い、これは1速に近い状態ですね。

このようにギヤ比の原理は自転車もスクーターもオートマ車もマニュアル車もCVTも全部同じです。なにによってこの減速比を変えているか、制御方法によって分類されているにすぎません。

■CVTの利点


CVTの利点はもちろん変速ショックがないことが挙げられますが、最大の利点は燃費、加速性能の向上だと思います。

オートマチック車はATFによる流体継手による動力伝達なので滑りによるロスがどうしても出てしまいマニュアル車に比べて燃費が劣るといわれ続けてきました。しかしCVTは金属製のベルトによる駆動をしているためロスがマニュアル車並に少ないのです。

さらに「無断変速」であるためにギヤ比の幅が広く設定されており、加速をするときの高いギヤ比と燃費重視の低いギヤ比を両立できるためマニュアル以上の加速性能と燃費を引き出すことが可能です。

■CVTの欠点


まだまだ改善の余地がある機構のため乗りやすさという面では課題が残ります。お客様からの苦情では坂道で下がる、ギクシャクする、スピードを一定に保つのが難しい、駐車場の出し入れなどの細かい操作がしにくい、などが多く聞かれます。

実際は最近のCVTは乗りやすいなーと感じるようになりましたが某軽自動車の昔のCVTは乗れたもんじゃないフィーリングだったのは確かです。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005