車バッテリーの種類と選び方

バッテリーを構成する極板素材の違いと、シールドタイプ等種類別のバッテリーの選び方

■バッテリータイプ(種類)と選び方


極板の素材によって取り扱い方等が異なりますが一般的なバッテリーについて解説します。

開栓型バッテリー

フタを開けて補水する一般的なバッテリーです。現行で使用されているカルシウムタイプでは電解液の減少量も減り、以前に比べると大分メンテナンスフリーに近づいてきました。とはいえ日ごろのメンテナンスは必須です。

開栓型のアンチモンバッテリーは液減りが最も早いタイプで車両火災の原因ともなったバッテリーでこの影響で極板素材のカルシウム化、シールドタイプバッテリーの開発が進み普及しました。

メリットとしては密閉式のMF(メンテナンスフリー)バッテリーに比べ若干値段が安いことと、バッテリー上り時の充電回復性能が挙げられます。

密閉式バッテリー(シールドタイプ)

密閉式バッテリーはシールドタイプとも呼ばれその構造から電解液が非常に減りにくく電解液補充の手間が寿命まで一切掛かりません。メンテナンスいらずなのでMF(メンテナンスフリー)バッテリーとも呼ばれます。

電解液の減少がほとんど無いため常に化学反応を起こせる極板が電解液に浸っているため安定した充放電を行えるため結果的に高性能な場合が多いです。電解液の吹きこぼしによる周囲の腐食なども少なくカー用品店やディーラなどでも主流として扱われています。

また車両スペースの都合上メンテナンスが困難な位置にバッテリーが設置される場合にも、密閉型のバッテリーが使用される傾向にあります。MF(メンテナンスフリー)バッテリーと呼ばれる所以です。

ドライバッテリー

密閉型は一応ガス抜きの穴がありますがドライバッテリーはほぼ完全密閉で乾電池のような感覚で使用できます(直訳したらそのままでした)。すなわち倒して使用することも可能です。レース車両などで液が吹きこぼれるのを嫌って使用する場合もあります。

また始動性能が開放式や密閉式のバッテリーと比較して高く、高い電気負荷がかかっても電圧降下量が少ないのでクランキングスピードが冬季でも早く、また安定します。高出力のウーファーなどを装着している場合などにも効果的だといわれています。

また激しい充放電に強く、バッテリーが上がっても専用の充電器を使用して充電すれば、極板劣化をあまり起こさずに使用し続けることが可能です。放置車両などでも自己放電が少ないので最小限の容量低下しか起こしません。

欠点としてはまずとにかく価格が高い事が挙げられます。また始動性能などは同型と比較して高いのですがバッテリーの容量としてはむしろ少ない傾向にありバッテリー上がりを起こしにくいと言うのは誤解です。

■極板格子材質によるバッテリーの分類


アンチモンバッテリー

自動車のバッテリーは陽極板、負極版に金属製の格子を持っていますが、この格子の材質によってバッテリーの性能が決まってきます。従来は格子鉛の中にアンチモンという物質を添加したものが長く主流として使用されてきました。

しかしながらアンチモンバッテリーは充放電の化学反応時に熱反応が大きく液量の減少が激しかったため比較的頻繁な蒸留水の補水メンテナンスが必要です。このため保守管理が行き届いていない営業車両などでバッテリーが加熱して車両火災の原因となることもありました。

ハイブリッドバッテリー

ハイブリッドカーのバッテリーという意味ではありません。上記アンチモンバッテリーの液減り対策として片側の極板格子にカルシウムを添加したタイプをアンチモン、カルシウムのハイブリッドバッテリーと呼びます。

液減り量の減少と共に比較的反応の穏やかなカルシウムでは自己放電性も低いことが特徴です。

カルシウムバッテリー

現在は完全に両極カルシウム極板格子で構成されています。あるメーカーの言い分では液減りによる車両火災の危険性を少しでも減らす為に従来のアンチモンからカルシウムに完全に切り替えたとの事でした。

カルシウムバッテリーの利点は、自己放電が少なく放置に強いと言う点と液減りが少なく開栓式のバッテリーでもほとんどメンテナンスが要らないくらい、液補充回数を減らすことを実現しています。

その反面欠点としてアンチモンと比較して充電効率が悪い傾向にあります。高性能のように言われていますが反応が穏やかなせいかアンチモンバッテリーで液面管理をしっかり行っているよりも結果的に短寿命化したように思えます。

最もオススメするバッテリーのタイプ


お勧めするまでも無く流通性から考えても自然とシールドタイプのカルシウムバッテリーに行き着くと思います。価格、始動性、メンテナンス性などを総合的に考えた時にはこの辺りに落ち着くかと思います。

少し性能アップを図りたいのならばワンサイズ上のシールドタイプカルシウムバッテリーを選ぶといいでしょう。私なんかはそうしています。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005