オイル消費の原因・対策

オイル上り、オイル下がり、その他オイル消費の原因・対策・判断方法について解説。

■オイル上り、オイル下がりの見分け方


まずオイル上り、オイル下がりの詳細な原因、修理・対策方法はオイル上り対策・修理オイル下がり対策・修理をそれぞれ参考にしていただくとして、ここではこの2つのオイル消費の見分け方を解説します。

1,オイル上がりの特徴

まずオイル上がりはエンジン下側のクランクケース側からピストンリングの不良やシリンダー・ピストンなどの磨耗が原因で、オイルが下から上(燃焼室)に侵入して燃えてしまいオイル消費する現象です。

そのためエンジン回転数が高いほどオイルが燃えている指標となる白煙が大量に発生します。逆にエンジン回転数が低いアイドリング時などにはほとんど白煙は発生しません。

2,オイル下がりの特徴

オイル下がりはエンジン上部のシリンダーヘッドという吸排気動弁機構側から動弁機構のシール部分(バルブステムオイルシール)やバルブステムの磨耗が原因で、オイルが上から下(燃焼室)に侵入して燃えてしまいオイル消費する現象です。

少し理解が難しいかもしれませんがオイル下がりはアイドリングやエンジンブレーキ時などの吸気管圧力が高い時に吸気側の動弁機構(インレットバルブ)に負圧がかかってオイルが吸いだされ燃焼室に侵入するケースがほとんどです。

このためアイドリング時に白煙が多かったり、しばらくアイドリングで車を停車させた後にエンジンをふかすと白煙が大量に出るのが特徴です。

逆に回転を上げていくと燃焼室温度も上がりアイドリング時などに蓄積していたオイルもなくなってしまうため白煙は出なくなってしまいます。よってオイル下がりの場合は走行中に白煙がでることが無く気がつきにくいというのも注意が必要です。

※吸気管圧力が高い状態とは、アクセルを踏んでいない状態=スロットルバルブ開度が少ない状態のことです。

3,オイル上り、オイル下がりの総合的な簡易判断

上記の特徴からエンジン回転数を上げていくほど白煙が多くで続けるのがオイル上り、アイドリング放置後にエンジン回転数を上げていくと白煙が多く排出され徐々に少なくなっていくのはオイル下がりと判断できます。

またこの両方に当てはまる場合は、オイル上り・下がりですなわち2つの症状が同時に起きていると判断できます。多走行車に多く見られる症状です。

■そのほかのオイル消費の原因・対策


オイル上がりやオイル下がりでなくてもシリンダーとピストンを潤滑し終えたエンジンオイルは燃焼室で燃えて微量ずつですが減少していきます。減少量はエンジンの種類、特性、くせ、走行法方、使用状況によって変わってきます。

オイル消費が多くなる原因と対策をいくつか挙げてみますので参考にして下さい。

1,エンジンに合わないエンジンオイルを使用している

エンジンに合わないというと少し違うのですが、多走行のエンジンや外車の一部のエンジンでは各クリアランス(隙間)が大きいので現在主流になっている省燃費低粘度エンジンオイルを使用するとオイル消費量が多くなることがあります。

対策:低温粘度15W以上高温粘度40以上のエンジンオイルを選ぶと効果的です。例としてはガルフオイル 15W-50ワコーズ4CR 15w-50等が高粘度高性能化学合成油として挙げられます。

高粘度エンジンオイル使用の注意としては特に小排気量車では粘度抵抗によって冷間始動性が悪くなったり完全暖気までフィーリングが悪化したりすることがあります。

2,高回転、高速の多頻度運転でオイル消費増大

エンジン高回転の使用状況が多ければ多いほどエンジンオイルの消費量は増加します。加えて長時間そのような状況が続くとエンジンオイルの油温が高い状態が続くということなのでエンジンオイルの蒸発量が増え、同様にオイル消費量が増加します

対策:このような使用状況が多い場合は高温粘度が40以上のエンジンオイルを選ぶといいでしょう。(油膜保持性能としては30でも十分ですが)例としてはNUTEC10w-50などが特にオススメです。詳しくはエンジンオイルの種類で。


3,高負荷・登坂運転でオイル消費増大

高速、高回転の使用状況と同じく高負荷運転が長く続きますとエンジンオイルの油温が上昇しエンジンオイルが蒸発する量が多くなりオイル消費を促進します。

対策:高回転、高速の多頻度運転と同様に高温粘度の高いエンジンオイルに交換することをオススメします。エンジン保護にも有効な策です。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005