オイル下がり対策・修理

オイル消費の原因であるオイル下がりの原因と対策・修理方法、判断方法などについて。

■オイル下がりとは


エンジンオイルは不具合や異常が無くてもシリンダ壁の潤滑を終えた微量なエンジンオイルが燃焼し走行距離や使用回転域、使用エンジン負荷の高さに比例して消費し減少していきます。

このオイル消費の中でもオイル下がりとは主にシリンダーヘッド(エンジン燃焼室の上部)から燃焼室に侵入しオイル消費量が増えることを指します。原因はいくるかありますので以下を参考にして下さい。

オイル下がりの見分け方

オイル下がりはシリンダヘッド側から燃焼室に侵入する経路のオイル消費で、バルブステムガイド(給排気弁のガイド穴)の磨耗、バルブステムの磨耗が主な原因であり、特に負圧が高くなるインレットバルブ(吸気側のバルブ)からのオイル下がりが多いのが特徴です。

このためインレットマニホールド(吸気管)の負圧か高いアイドリング状態やエンジンブレーキ時にオイル下がり量が多くなるのでアイドリング放置後などの直後に空ぶかしをした時に白煙が多く出て、徐々に少なくなっていくような場合はオイル下がりと判断できます。

これは吸気管負圧が高いアイドリング時にオイルが燃焼室に多く侵入し、蓄積。その後空ぶかしによってエンジン燃焼室の温度が上昇して回転も上がるため蓄積した分の燃焼室のオイルが一気に燃焼して白煙が発生するためです。

ある程度燃焼すると蓄積した分のオイルがなくなってしまうためエンジン暖気時の水蒸気と勘違いしやすいのですが臭いなどを材料に総合的に判断するとより確実です。

■オイル下がりの原因


1,バルブステムの磨耗

動弁機構であるバルブは傘のような形をしており、この傘の柄にあたる部分がバルブステムと呼ばれる部分でバルブ開閉時に往復運動が行われるためステム部分は潤滑されており、なおかつエンジンオイルが燃焼室に侵入しないようにシールされています。

しかしながら、オイルメンテナンス不良で潤滑不良を起こしたり、高回転域で使用することが多い場合はステム部分が磨耗してステムとシールの間からエンジンオイルの侵入量が多くなってオイル下がりを起こしてしまいます。

2,バルブステムガイドの磨耗

バルブステムをガイドしている部分の名称ですがバルブステムが往復運動をするためこの部分を僅かながら磨耗をします。ステムと同様の理由でオイル下がりの原因となります。

3,バルブステムオイルシール硬化、ヘタリ

バルブステムを順渇するための余分なエンジンオイルを掻き落とし燃焼室内に持ち込むオイル量を最小限にしているのがバルブステムオイルシールです。

オイル下がりの原因としては、そこそこ多く経年劣化や多走行によって避けられない現象です。オイルメンテナンス不良はシールを傷つけてしまったり劣化速度を速めてしまう原因となります。

4,エンジンオイルメンテナンス不良

根本的な原因としてはエンジンオイルのメンテナンス状態が悪いことが挙げられます。オイルメンテナンス不良はオイルシール類を傷つけたり、硬化させる原因となります。

エンジンオイル交換時期を参考にしっかりとオイル交換を行いましょう。使用状態やエンジンによって交換時期が変わってきますので注意してください。

■オイル下がり修理・対策


1,シリンダーヘッドオーバーホール

オイル下がりの不具合はこれでほぼ解消します。シリンダーヘッドのインテーク及びエキゾーストバルブを全て取り外しバルブステム及びステムガイドの磨耗度を点検し問題なければバルブステムオイルシールを交換して取り付けて終わりです。

オイル下がりではピストンヘッドにオイルの燃えカスが大量に付着してしまうのでピストンヘッドの清掃も同時に行えればいいと思います。

修理費用もV型や水平対向などの厄介なエンジンでなければ10万もかからずに修理できるはずです。DIYでもバルブスプリングコンプレッサーという特殊工具さえあれば時間はかかるでしょうが行えます。

ただしヘッドを取り付けるときの締め付けトルクや締め付け方法などの注意点は修理書の値を参照した方が無難でしょう。

2,エンジンオイル粘度を高くする

エンジンオイル低温粘度を硬くする、高温域でも高粘度を保つスパーマルチグレードのエンジンオイルに交換する方法が有効です。オイルの粘度についてはこちら

元々負圧によって吸い出されてしまうような力で発生するオイル下がりは、粘度を向上させることによる下がり防止効果が大きいのです。水をストローで吸うのとハチミツをストローで吸うのはどちらが多く吸えそうでしょうか?考えていただければわかると思います。

3,エンジンオイル添加剤による膜厚の確保

エンジンオイル添加剤の中でも樹脂コーティング系のマイクロロンや共昌膜形成型のヤフーオークションなどで購入できるGRPなどの被膜形成膜が比較的厚いタイプのオイル添加剤で対応する方法もあります。

金属表面改質系のエンジンオイル添加剤は性能から考えて下がり防止効果は望めないので注意しましょう(予防効果はあるとしても)

またはオイル下がり防止剤という専用のケミカルも出ていますが、これはエンジンオイル粘度を高くするのと似ており粘度を増加させるのと油膜を厚くする効果があります。

業務ではWAKO'Sエンジンシールコートなどをよく使用しますがオイル下がり初期ならナカナカの効果を発揮してくれます。お金をかけたくない方は試してみる価値はあります。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005