ガラスコーティングのかけ方

ガラスコーティングのための下地作り、ワイパーをビビリにくくするコーティングの方法など。

ガラスコーティングもボディーへの施工同様、下地作りによって効果がずいぶんと変わってきます。そのため効果を長持ちさせる下地作りのコツやワイパー作動時にビビリにくいガラスコーティングのかけ方を紹介します。

撥水ガラスコーティングにはどのよう種類と効果があるのかはガラスコーティングの種類を参考にして下さい。ガラスコーティングの利点やフッ素系、シリコン系の違いなども書いてあります。

■効果を引き出す撥水ガラスコーティングのかけ方


1,コーティング前の下地作り

まずガラスのゴム枠やボディーに研磨剤やコーティング剤が付着しないようにマスキングテープでマスキングすることをオススメします。マスキングを行わない場合は傷やシミを防ぐために慎重に作業してください。

次に専用の研磨剤が付いている場合は専用の研磨剤をスポンジに取り、研磨剤を持っていない場合はガラス専用の研磨剤を購入しましょう。サイトK1の専用パッドセットなどの油膜・ガラスのウロコ取り(ウォータースポット除去)ができる専用研磨剤とパッドのセットがオススメです。

ガラスのウロコ取り(ウォータースポット除去)の徹底的な対策や注意点はガラスのウォータースポット除去剤で詳細解説してありますので参考にして下さい。

2,ガラスコーティングのかけ方

研磨剤やガラスの端に残った水分はティッシュなどで完全に除去してください。特にフッ素系ガラスコーティングの溶剤は水分で悪影響を受け、効果が十分に発揮できなくなる可能性があります。

コーティング溶剤はガラス4面の端から施工していくとキレイにできます。塗り絵感覚で、縁取ってから中を塗るような感覚です。さらに中を塗っていく時にワイパーをビビリにくくする方法があります。

拭き取りの悪くなったワイパー筋(拭き取りの残し)が付きます。そのワイパー筋が付く道筋にコーティング剤を施工します。解りやすく言うとコーティング剤を自分の車のワイパーの動きと同じように塗り込んでいくということです。

こうすることでコーティングの目に逆らわずワイパーを作動できますのでワイパー作動時にビビリが起きにくくなります。手軽にできる手法なので是非試してみてください。

3,余剰分の拭き取り

乾燥まで待ちます。自分が買った商品の乾燥時間を参考に拭き取りを開始しましょう。ウレタンパッドなどにティッシュを巻いたものなどが拭き取りやすいでしょうが、商品の付属品でも十分でしょう。

最後に慣らすためにワイパーの作動目に沿ってセーム革などの水拭きで拭き取りを行って完成です。

※上記の手順は一般的なフッ素系ガラスコーティングのかけ方を参考にしています。詳細な部分や異なる部分に空いては商品の説明書にしたがって施工してください。

4,ガラスコーティング用のワイパー

最近はガラスコーティングがかかった車でもワイパーがビビリにくいようにグラファイトワイパーラバーが増えており、標準使用されつつあります。もしワイパービビリが酷いようならグラファイトワイパーラバー に交換してみましょう。拭き取りも抜群です。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005