ボディーコーティングかけ方

効果が長持ちする正しいボディーコーティングの手順と注意点など。(ウェットタイプ)

ボディーコーティングの手順と言っても特別なことはありません。ちょっとした効率を上げるためのテクニックや効果を引き出すための注意点などをポイントで公開します。

またこのページでは洗車後の濡れたボディーに施工する(ウェットタイプの)ポリマーコート剤やカーワックスのかけ方を前提に手順説明をさせていただきます。お手数ですが乾いた(水分を拭き取った)ボディーに施工するタイプはカーワックスのかけ方・手順を参考にして下さい。

もう一つ水垢落とし兼用ワックス・コーティング(研磨剤入りクリーナー配合のハンネリワックスなど)の手順はまた少し異なるので水垢取りワックスのかけ方を参考にして下さい。

■ボディーコーティング前の注意点


1,ボディーコーティング環境チェック

カーワックスかける環境はどうですか?何のことだかという方は車の洗車をする前に読むを参考にして下さい。ワックスがけは塗りこみ作業なので守らないと傷だらけになる可能性もあります

2,塗装面チェック

洗車工程で落ちない汚れや鉄粉の対策は行いましたか?まだの方は手洗い洗車を参考にして下さい。そうしないと汚れの上からワックスがかかって落ちなくなります。

特にウェットタイプで当工程で説明するような水垢取り機能がついていない(ノンコンパウンド)コーティング剤は下地しだいで効果の効きや持ちが悪くなり、ドライタイプの施工よりあからさまに出るので下地作りは本格的に行ったほうがいいかと思います。

■ボディーコーティング施工手順


1,マスキング処理

コーティング剤の種類によってゴム類や未塗装部分にかかってもいいタイプはマスキングの必要はありません。ウェットタイプの施工では未塗装部分の艶出しなどにも使用できる商品が多いのでそのような場合はマスキングをする必要はありません。(テフロン樹脂系などは要マスキング)

マスキングをする場合は下地処理、車磨き工程でマスキングをしていればそのままで構いませんが、マスキングをしていない場合は、水分を飛ばしてからマスキング処理を行わないとうまくいきません。磨き工程からそのままが好ましいと思います。

2,ボディーコーティングをかける順番

ウェットタイプの施工ではふき取り時に粉が発生しないため自分で考えた好きな順番で施工していくと良いかと思います。ただしコーティング剤の塗り忘れなどを防止するために自分の中で順番をキッチリ組んで1パネルずつ確実にコーティングすることをオススメします。

3,コーティング剤塗り込み工程

専用のスポンジにコーティング剤を少量取り、まず横方向に軽く塗り伸ばし仕上げに縦方向にそろえて薄めに塗りこんでいきます。ついつい円形を描きながら塗りこんでいきたくなりますがここはぐっと我慢。仕上がりは一定方向に塗りこんでいったほうがきれいです。

これは下地処理の状態にもよるのですが光が当たったときの乱反射の具合が円形に塗りこんでいったときより一定方向に(縦)塗りこんだ方がムラがなく見えるからです。(他にも撥水効果の均一性を高めたりもします)

ボディーに吹きかけるタイプもありますがそこは各コーティング剤の施工マニュアルに従ってもいいかと思います。ただ私はスポンジに少量ずつとって確実に塗り込んでいったほうがムラなどが出にくく施工範囲も把握しやすいかと思います。

大量に塗れば効きが良くなるわけではなく薄く確実に一定方向に塗りこむ施工手順が効果が高くなります。コーティング剤の量の過剰はムラの原因となったり後で余剰成分のふき取りの手間が増えたりといいことはありません。

また塗り込み工程中にボディーが完全に乾燥しないように長引きそうなら水を全体的にかけてやりながら作業を進めていくようにしてください。シミ・ムラなどの原因となります

ウェットタイプのコーティングはポリッシャーが使えません(使う必要性も特にありません)ので全て手作業で塗り込んでいきます。横→縦一定塗りでボディーコーティングを手作業で行います。

4,コーティング剤の均一化、ふき取り工程

一通り塗り終えたらマイクロファイバークロスなどの専用クロスで拭き取るようにしましょう。このとき無色透明のリキッドボディーコーティング類は拭き取れているかどうか判断つきにくいかと思います。

しかし1パネルずつ、忘れが無い様に無条件(目視ではなく機械的)で縦方向に往復でふき取り工程を行ってください。(水分は残っていて良い)コレによってコーティング剤の余剰成分が取り除かれ均一化してムラを防ぐことができます。

そうしたらもう一度水をかけてから(時間経過による付着ほこりを流す為)吸水性の良いセームで水分を完全にふき取ります。面倒でしたら水をかけずにふき取っても構いません。

5,確認終了

透明色のリキッドボディーコーティングのいいところは白い粉などが残らず施工後がかなりすっきりときれいになりますので確認作業としては水分のふき取り残しです。ドアハンドルや給油口、バックドアなどの隙間の水分も拭き取れば仕上がりもよりよくなると思います。

6,ボディーコーティングのアドバイス


車の磨き工程などから本格的に作業するとなるとかなりの重労働になってしまいますのでバフ研磨とボディーコーティングをセットで部分がけを2~3回に分けて行うのも有りだと思います。

例えば洗車と同時に施工を行う時に今日はボンネットとルーフを下地処理からボディーコーティングを完全な手順で施工する。次回洗車時にはドアパネル、その次はバンパーと言うように数回に分けることによって労力を少なくすると共に完全な手順で施工します。

一度バフ研磨による車磨きで下地を作ってボディーコーティング施工を行うと後の手入れはかなり楽になりますので、時間が無くても下地が不完全な状態で水垢や汚れの上からコーティングを施工してしまうより絶対にオススメです。

特に以上のボディーコーティング手順の施工モデルにさせていただいているガラス繊維系コーティングのブリスなども下地が水垢や劣化ワックスで汚れていると効果が半減したりムラになったりします。ほかのガラス繊維系コーティングや強力なポリマーコーティングも同様のことが言えます。

■上記のボディーコーティング手順はガラス繊維系コーティング剤ブリス、同様にガラス繊維系コーティングアクアクリスタル、超マルチリキッドワックスのゴールドグリッターエボリューションなど洗車後のボディーが濡れた状態でボディーコーティングを行うタイプのかけ方をモデルとしています。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005