カーワックスのかけ方・手順

効果が長持ちする正しいカーワックスのかけ方の手順と注意点など。(ドライタイプ)

カーワックスのかけ方と言っても特別なことはありません。ちょっとした効率を上げるための手順とワックスがけの注意点などをポイントで公開します。

またこのページでは乾いた(ドライタイプ)ボディーに施工するタイプのワックス・コーティングのかけ方を前提に手順説明をさせていただきます。お手数ですが濡れたボディーに施工するタイプはワックスタイプでもボディーコーティングかけ方を参考にして下さい。

もう一つ水垢落とし、ワックス・コーティング兼用タイプ(研磨剤入りクリーナー配合のハンネリワックスなど)の手順は水垢取りワックスのかけ方を参考にして下さい。

■カーワックスをかける前の注意点


1,カーワックスがけ環境チェック

カーワックスかける環境はどうですか?何のことだかという方は車の洗車をする前に読むを参考にして同様の環境で作業して下さい。ワックスがけは塗りこみ作業なので守らないと傷だらけになる可能性もあります

2,塗装面チェック

洗車工程で落ちない汚れや鉄粉の対策は行いましたか?まだの方は手洗い洗車を参考にして下さい。そうしないと汚れの上からワックスがかかって落ちなくなります。

■カーワックスのかけ方・手順


1,マスキング処理


下地処理、車磨き工程でマスキングをしていればそのままで構いませんが、マスキングをしていない場合は、ウォッシャーノズルやゴムの黒い部分などワックスが付着すると取れにくく厄介なのでマスキング処理をしておきましょう。

マスキングとは覆い隠すことからマスクの進行形→マスキングと呼ばれており専用のテープがあります。専用のものでなくてもいいですが専用のテープははがすときもスムーズにはがれ作業性がいいので是非購入することをオススメします。高いものではありません。

2,ワックスをかける順番

作業は効率を考えて上のパネルすなわちルーフ(天井)からかけましょう。拭き取るときにワックスの粉が下のパネルに付着するのを防ぐためです。

オススメの順番はルーフ→各ピラー等→ボンネット→トランク又はハッチバック→クォーターパネル・フェンダー→各ドアパネル→バンパーのようにまさに上から下へとかけていきます。

3,ワックス塗りこみ工程

専用のスポンジにワックスを適量とりまず横方向に軽く塗り伸ばし仕上げに縦方向にそろえて薄めに塗りこんでいきます。ついつい円形を描きながら塗りこんでいきたくなりますがここはぐっと我慢。仕上がりは一定方向に塗りこんでいったほうがきれいです。

これは下地処理の状態にもよるのですが光が当たったときの乱反射の具合が円形に塗りこんでいったときより一定方向に(縦)塗りこんだ方がムラがなく見えるからです。(他にも撥水効果の均一性を高めたりもします)

大量に塗れば聞くと言うものでもなく薄く確実に一定方向に塗りこむ施工手順が効果が高く、拭き取り工程も楽になる上にワックスを無駄にしません。

3-2,ポリッシャーによるカーワックス塗りこみ


ポリッシャーによって車磨き工程を行ったのならポリッシャーを是非とも活用したいところです。ウェットで使用するワックスコーティングではポリッシャーが使えませんがドライ状態でかけるワックスコーティングならポリッシャーによるワックスがけが可能です。

仕上げ用ウレタンバフなどの一番細かい目のバフにワックスを適量つけてボディーに軽く塗り伸ばしてからポリッシャーのスイッチを入れ塗りこみます。

塗りこみ方は手でかけるのと同様に横方向に手早く一回、縦方向に仕上げ塗り込みを行うとより効果的にワックスがけが行えます。ワックス・コーティング剤付け過ぎに注意して施工を進めていきましょう。

4,ワックス拭き取り工程

1パネルカーワックスを塗り終わったらハイテック・フィニッシング・クロスなどの専用クロスで拭き取るようにしましょう。長時間ワックスを塗りっぱなしにしても悪いことはあってもいい事はありません。完全に乾燥する前に拭き取るのが本来の形です。

塗りっぱなしにすると高温時は特にワックス成分の焼きつきによってムラやしみなどの原因となりますので拭き取り残しなどにも注意してください。

5,確認終了

マスキングを外して最後に拭き取り残しがないか確認して終了です。ドアエッジ、給油口の隙間などもチェックして拭きあげるとよりいい仕上がりになるかと思います。

全てワックス成分を拭き取り終わったと乾いたハイテック・フィニッシング・クロスで磨き上げるとさらに艶と輝きに深みが出ますので時間が許すのなら試してみるのもいいかと思います。

6,カーワックスがけのアドバイス


車の磨き工程などから本格的に作業するとなるとかなりの重労働になってしまいますのでバフ研磨とワックスがけをセットで部分がけを2~3回に分けて行うのも有りだと思います。

例えば洗車と同時にワックスがけを行う時に今日はボンネットとルーフを下地処理からワックスまで完全な手順で施工する。次回洗車時にはドアパネル、その次はバンパーと言うように数回に分けることによって労力を少なくすると共に完全な手順で施工します。

一度バフ研磨による車磨きで下地を作ってワックスがけをすれば後の手入れはかなり楽になりますので、不完全に水垢や汚れの上からワックスがけをするよりもこちらの方法のほうが絶対にオススメです。

■以上のカーワックスがけの手順はシュアラスターのノンコンパウンド固形ワックスなどを施工モデルとした手順です。固形ワックスや乾いた状態で施工するコーティング剤施工などは参考にして下さい。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005