コーティング剤の種類と比較

ポリマーコーティング剤の種類別の効果比較や選ぶ時の時の注意点など。

■ポリマーコーティング選びの注意点


まずポリマーコーティングを選ぶにあたっての基準は最初にクリーナーを含んでいるか否か、コレを確認しなければいけません。

コーティングの下地作りのために当サイトの車磨き手順を作業した、または作業する予定の方は迷うことなくクリーナーを含んでいない100%コーティングだけを目的としたポリマーコーティングを選んでください。

また撥水性がいいのか親水性がいいのかは撥水性と親水性の特性を参考にして決めてください。

■ポリマーコーティング剤の種類、比較


管理人の知る限りでポリマーコーティング剤比較をかねた効果の説明を大まかな種類に分類して具体的に書かせていただきます。

ガラス繊維系コーティング

最近よく耳にするガラス繊維系コーティング剤ですが、大体の商品がフッ素、珪素ポリマー複合タイプで、成分にこれらと別にガラス繊維質などと書かれていることから他のポリマーと違いガラス繊維系と呼ばれています。

使用をした事のあるガラス繊維系コーティング剤を参考として効果比較させていただきますが、まず従来のフッ素、珪素系のポリマーコーティングと比較して艶、輝きがずば抜けています。

性質は疎水性→親水性で効果の持続は約3ヶ月~4ヶ月程度ですが下地しだいでもっと効果は持続します。短いようですが塗り重ねの施工が簡単で持続効果を伸ばすことも可能です。

耐水垢、汚れにはめっほう強く、効果が持続しているうちは水洗い洗車後に拭きあげるとワックス後のような輝きを放ちます。水分をボディーから撥水せずに分離しますので拭き取りが楽になります。

まとめますと今までのポリマーの艶に不満を感じていた人、磨きから徹底的にこだわりたい人、簡単に施工したい人(車が比較的キレイな場合)にオススメのコーティング剤です。

ガラス繊維系コーティングでオススメのものは私も使用しており以上の説明のモデルにさせていただいたフッ素、珪素ポリマー複合ガラス繊維コーティングのブリスもしくは同様の性質のアクアクリスタルです。

テフロン樹脂コーティング

テフロン樹脂系コーティングというと特別なものに聞こえますがフッ素ポリマーの一種で、カーディーラーでもよく施工されているペイントシーラントもテフロン樹脂コーティングです。

ディーラー施工のペイントシーラントは悪い評判も耳にしますが、誇大広告的に伝えられたためによる誤解が多く実際にその防汚性能は私が知る中で最も高いコーティング剤だと思います。

また他のコーティング剤と比較して施工技術による効果の差も大きく、専門の業者に施工してもらえばその効果は高いのですが、知識の無い者による施工では実際の効果の半分も発揮しないことがあります。

フッ素系ポリマーなので艶、輝きは施工直後でもほかのワックスやコーティング剤と比較すると劣るものの、その輝きは塗装本来のナチュラルな艶で、見かけのキレイさではない新車状態の「塗装を保つ」効果に関しては非常に高いと言えます。

テフロンは登録商標のため市販品では珍しくタフガードくらいしか見かけません。タフガードはテフロン樹脂コートの上にアクリル樹脂コートを上塗りする2工程タイプで、アクリル樹脂の艶のおかげでフッ素系にもかかわらずカルナバワックスに引けを取らない艶を出せますが施工難易度も高めです。

効果は5年ノーワックスを謳った長期間の商品が多いのですが、ノーワックスとノーメンテナンスを取り違えてはいけません。指定通りのメンテナンスを行えば被膜形成期間は全コーティング剤の中でも最長ですがメンテナンスも決して楽ではないことも忘れてはいけないところです。

クリーナー配合ポリマー

ハンネリワックスと同様のタイプですがワックス成分の代わりにシリコン樹脂やフッ素ポリマーを配合した研磨剤入りリキッドコーティングが主流です。

現在ではガラス繊維系コーティング剤の研磨剤入りもありますので、全系統でクリーナー入り(研磨剤入り)ポリマーコーティングは存在すると思っていたほうがいいかと思います

洗車したついでに水分を拭き取らずにそのまま施工でき、水垢や劣化ワックスなども同時に落としてコーティングもかかってしまう非常に使い勝手がいいのが魅力の一つです。

効果は1ヶ月~半年が一般的です。洗車ついでに施工ができますので月に一回くらいのペースでかけていけば塗装表面の状態が悪くても洗車工程で鉄粉除去などを平行して行っていれば徐々ににきれいな塗装面にコーティング剤の被膜形成ができていくかと思います。

性質は親水性~強撥水性まで様々です。シリコーン樹脂が主成分の場合は艶はいいですが持ちや防汚がいまひとつ、フッ素系は艶がいまひとつという感じです。

車磨き工程が面倒でそこまでしたくないけどキレイなボディーを手に入れたい方にはもってこいのコーティング剤タイプです。

代表的なものとしてはクリアエイドですかね。ワックスタイプも存在しますがアクリル樹脂とフッ素樹脂のハイブリッドポリマーでもちろん研磨剤入りです。性質は強撥水性でアクリル樹脂によって艶もいい感じです。公表効果は約6ヶ月です。

ガラス繊維系のコーティング剤を使用したいが下地が汚いという場合は磨きのかわりにこのタイプで施工して上から重ねがけでガラス繊維系のものをコーティングするとかなり仕上がり的にはよくなります。

もしくはガラス繊維系コーティングのブリスショップで販売されているブリス入りの研磨剤で下地を作ってもう一度本塗り施工を行うという手堅い手法をオススメします。(ブリスショップにはブリス関連用品及び施工マニュアルが存在しますので参考にして下さい)

アクアクリスタル取り扱いショップにも専用の下地処理剤(研磨剤)などが販売されていますので参考までに。

■各ポリマーについての簡単な説明


ポリマーコーティングは配合されているポリマーによってそれぞれ効果や特性が異なります。配合割合や組み合わせによってそれぞれ効果が変わってくるので一概にこの成分はこういう効果だ!と断言するのはおかしいのですが一つの目安としてコーティング剤選びの参考にして下さい。

フッ素ポリマー

ほとんど全てのポリマーコーティング剤に入っている坊汚性能、耐久性能、表面保護、撥水性に高い効果を発揮するポリマーです。テフロン樹脂と呼ばれるものもフッ素ポリマーです。

珪素ポリマー

誤解を生みやすい成分表示ですが「珪素ポリマー」と表示されているならほぼシリコーン、又はシリコーン樹脂と同じと解釈します。変性珪素、単に珪素の表示は効果を特定できません。

シリコーンは多くのポリマーコーティング剤やワックスに艶出し、表面保護、撥水材として用いられ艶出しに大きな効果を発揮しますが防汚性にかけるためフッ素ポリマーと同時に配合されることが多いです。

拭くだけタイプのワックスクロスにしみこんでいる液体はほぼシリコーンです。

アクリル、ウレタンポリマー

塗料などに多く用いられる樹脂でワックス、コーティング剤に配合される時は傷消し、傷埋め効果を謳った物に使われ細かい傷などに入り込み傷を目立たなくする効果があり、艶にも優れています。

レジンポリマー

ガラスの補修材や金属のコーティングなどにも使用される硬度が高く耐久性に優れた樹脂です。現在コーティング剤などに配合されている主流ではありませんが、コレから密かにレジンポリマー配合品が増えるのではないかと思っています。
以上のように各ポリマーはあくまで代表的な呼び名です。同じフッ素ポリマーという名前であってもテフロン樹脂というような名前に変わって呼ばれているのは他の物質と化合させているためです。

すなわちフッ素ポリマー、窒素ポリマーなどは各元素記号のフッ素(F)、珪素(SI)を含んだ化合物なのです。(例:テフロン=PTFE)その物質化が実際どのような効果を示すのかは、ある程度は性質によって予測はできますが使用してみるのが一番ということになってしまいます。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005