カーワックス種類と比較

カーワックス選びに役立つカーワックスの種類と性能比較について。

カーワックスのタイプ別性能比較による説明と具体的な商品の紹介。カーワックス選びの注意点など。購入前の予備知識にして下さい。

■カーワックス選びの注意点


まず最初に水垢落とし機能が付いたカーワックスを選ぶ時には白色・淡色車専用とダーク・濃色車専用のカーワックスを間違いなく選んでください。

なぜかというとカーシャンプーの選び方にも記載しましたが「研磨剤(コンパウンド)」を配合しているためです。結局は削り落とすわけなので濃色車のように傷が目立ちやすいカラーの場合は目の細かい研磨剤になっているわけです。

ただしカラーワックスではこの限りではなく類似カラーのコンパウンドで傷を埋めて目立ちにくくする効果も同時に狙っているためです。

カーワックスの種類と効果の比較


固形カーワックス

固形ワックスは塗装表面の保護だけを主目的に作られており研磨剤を含まないのが一般的です。スポンジにとって塗りこんでいくタイプで性質は主に撥水性です。

どちらも艶出し成分としてカルナバロウなどの油脂を艶出し剤として配合していますが、最近ではフッ素樹脂などのポリマーを配合したハイブリッドタイプ(ポリマーと混合)が主流です。

施工難易度としては簡単と思われがちですが正しいワックスのかけ方をしないと失敗する(本来の効果が出ない)ケースが多いため私は高めだと思っています。

固形タイプワックスの利点としては特にカルナバロウなどを多い割合で配合している場合はポリマーコーティングでは出せない深みのある艶を演出することができます。

ただしカルナバロウは植物性の油脂なのでワックスの被膜が酸化しやすく、油脂であるがため汚れを吸着してしまいがちです。そのため防汚、耐久性においてポリマーコーティング剤に大きく差をつけられてしまっています。

このことから固形ワックスでカルナバロウを主成分にしているタイプでは室内展示などに極めて適したカーワックスであると言えます。

以上をふまえた固形ワックス選びは究極の艶を求めるなら高級カルナバロウを配合したシュアラスター マンハッタンゴールドのような純固形ワックスがベストです。

またシュアラスターでは固形ワックスに酸化防止剤などを加えて耐候性を高めたスーパースターエクストラプレミアムフォーミュラーなども用意されています。

※実際にシュアラスターの固形ワックスは昔から数々のモーターショーなどで使用されている歴史と実績を兼ね備えた老舗カーワックスメーカーです。

ハンネリカーワックス

ハンネリタイプでは固形タイプと比較して塗装表面の保護と艶出しに加えクリーナーに含まれている研磨剤などの効果によって劣化ワックス、水垢の除去を同時に行うことを目的としている商品が多いのが特徴です。

汚れを落とすことから一番使い勝手がよく艶、撥水性から見た仕上がりも良いので使っている方は多いかと思います。

ホワイト車と濃色車専用に分けているのもハンネリワックスの特徴でクリーナーに配合している研磨剤の目の細かさなどによりますので十分注意して選ぶことが必要です。

艶や撥水性も超本物志向でなければ十分納得できる仕上がりにすることができます。 コレを中途半端と取るか使い勝手が良いと取るかは使用者の趣向でしょう。

現在の傾向としては固形と同様にハイブリッド化しているのが現状ですので、今や固形ワックスと差別する点は研磨剤を含んでいるか否か、この点でしょう。

しかしながらこの1点は非常に重要なポイントなので選ぶ時は間違いのないようにしましょう。下地処理をバフ研磨で行ったのハンネリワックスを使用してしまっては意味がないですし、かなり手痛いミスです。

ということで汚れを落としつつカルナバロウをの艶を持ち、耐久性、坊汚性を高めるためにポリマーを配合したいいとこ取りのハンネリワックスはハイブリッドタイプのナノポリマーなどがまさにそれにあたります。クリーナー成分に研磨剤を配合しているためライトカラー用、ダークカラー用が用意されています。

液体カーワックス(リキッドワックス)

液体のリキッドタイプカーワックスと呼ばれる種類で他のタイプと比較すると効果が様々で多用に選べる傾向にあり、透明色に近いコーティングと艶出しを目的としたタイプや白や水色などのトロっとしたもので研磨剤を含むタイプがあります。

透明タイプのリキッドワックスにはゴールドグリッターやさらに効果を高めたゴールドグリッターエボリューションが有名でほとんど全てのプラスチック製品の艶出しに使用できる汎用性と強力は撥水性を備えたマルチカーワックスです。

ちょっと変わったリキッドスプレー式では2005年のカーグッズオブザイヤー獲得のプレクサス というワックスがあり、プラスチック類ならどんなものでも使用できる汎用性と艶を兼ね備え施工の簡単さならこれ以上はないという感じです。

どちらもポリマー配合していますが油基なのでワックスの分類です。

鏡面仕上げや水垢落としの効果を謳い文句にしたリキッドワックスはほとんど超微粒子コンパウンドなどが配合されており塗装の研磨効果がありますのでボディーカラー指定には十分注意してください。

こちらもハンネリ同様に汚れを落としながらワックスがけができるのでイージーで人気が高い種類のカーワックスですが当サイトの工程では磨きを行うことを前提にしてますのでオススメは上の3点です。

拭くだけタイプカーワックス

袋に入ったクロスにあらかじめワックスとクリーナーが含まれており拭き取ると同時にワックスをかけることのできる超簡易ワックス施工のできる代物です。

その正体は私が知る中ではカルナバロウなどの油脂系ワックス成分が含まれているものは極少数でほとんどがシリコン樹脂系のポリマー塗布による艶出しです。

他のタイプのワックスと比較すると施工は圧倒的に簡単ですが効果の持ちや艶、撥水性能は全てそれなりの性能です。

しかしながら需要は多い様で市場も拡大しており拭くだけワックスの代名詞フクピカシリーズも今やかなりの種類が出ています。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005