エンジンオイル交換方法

車のエンジンオイル交換の注意点とオイルチェンジャーによるDIY交換方法。

カー用品店やディーラーのエンジンオイル交換の低価格化によって自分でエンジンオイル交換をするという人もずいぶん減ってきたとは思いますが、このページではあえてDIYのオイルチェンジャーによる交換方法について書かせていただきます。

現在はDIYのオイル交換でも安全性が高くジャッキアップや下回りにもぐりこむ必要のないオイルチェンジャーによる交換が可能なので以下を参考にして下さい。

■オイルチェンジャーによるエンジンオイル交換


1,エンジンオイルのレベルゲージでオイル量点検

エンジンにはオイル量を点検できるレベルゲージと呼ばれる棒が存在します。まずコレを探しましょう。エンジンによってはレベルゲージを探すのに一苦労することもあるでしょうが頑張って探してください。

レベルゲージはオイルパンと呼ばれるエンジン最下部のエンジンオイルが溜まる皿にささってますので、どうしても見つからない時はオイルパンを見回して刺さっているゲージ類を探すと見つかりやすいかと思います。

ATFレベルゲージと間違えないでください。ゲージには必ずエンジンオイルの表記があるか確認してください。ATFは赤、汚れていても赤茶色です。

ゲージが見つかったらオイルレベルをチェックしてください。一度ゲージに付着しているエンジンオイルを拭き取ってから再度差し込み抜き取って確認します。

コレによってエンジンオイルの異常な消費がないか一応確認しておきましょう。

2,フィラーキャップ取り外し

エンジンヘッドカバーについているオイル注入口のフタ(フィラーキャップ)を取り外します。オイルを抜く前に外しておかないとエンジンオイルの抜けが悪くなりますので先に外しておきます。

3,レベルゲージにオイルチェンジャーのホースを差し込む

オイルチェンジャーによるエンジンオイル交換の場合はゲージがささっている穴から抜き取りを行います。コレによってジャッキアップや下回りにもぐりこんだりする必要がなく汚れる心配や危険性がありません。

電動式ならONにしてポンプを作動させ、手動真空式ならポンプを数回~十数回作動させれば後はエンジンオイルが抜けるのを待つだけです。

冬場でエンジンオイル粘度が高い時は抜けが極端に悪くなりますので1回エンジンを始動して5分程度暖気します。その後オイルパンにエンジンオイルが戻ってくるまで5~10分待ってから作業を行いましょう。(!フィラーキャップとゲージは元の状態に戻してください!)

※上記は一般的な使用方法です実際にはオイルチェンジャーの説明書にしたがって作業してください。

4,新しいエンジンオイルの注入

注入口より新しいエンジンオイルをゆっくりと注入します。注入量はエンジンオイルチェンジャーで抜けた量がはっきりとわかりますので、まずは抜けた量だけ注入します。

5,エンジンオイル量の確認

注入が終わったらフィラーキャップを閉めて(要確認!)レベルゲージをさしこみます。5分くらい放置するとエンジンオイルがオイルパンまで落ちてきますのでレベルゲージでを確認します。

ゲージのFULLピッタリになるようにエンジンオイル量を調節して終了です。少しシビアに書きましたがエンジンオイル量の点検についてはアバウトにFULL目盛りに合わせれば大きな問題ありません。

ただし1リットル単位でエンジンオイル量の入れすぎ、不足は危険です。そのためにも交換前に確認したオイルレベルとオイルチェンジャーの抜き取り量は注入量の目安にして頂きたいと思います。

6,エンジンオイルの処理

エンジンオイルは廃油なので専用の容器に廃却してゴミに出すか、溜めてから廃油引取り業者に廃却を依頼するかいずれかになります。

環境に有害な物質を含んでいますのくれぐれも垂れ流しや廃却方法を間違ったりしないようにして下さい。

■エンジンオイルチェンジャーについて


昔は安価でDIY使用できるエンジンオイルチェンジャーなんてありませんでしたが、現在は個人レベルで安価に手に入れることができます。

電動ポンプ式や手動真空ポンプ式がありますが、オススメは電源の心配がなく故障の少ない手動真空式エンジンオイルチェンジャーです。

手動といってもオイルが抜けるまで絶えず動かしているわけではなくタンク内を真空にするだけの力をポンプで発生させれば後はオイルが抜けるのを待つだけです。

それでも電動式オイルチェンジャーの便利さは捨てきれないという方はもちろん電動も使い勝手としてはいいのですがどうやら抜き取りスピードに難があるようですので時間はかかるかもしれません。

廃棄オイルタンクの容量は大き目がオススメです。エンジンオイルの容量は~1500ccなら4リットルでほとんどの車種がカバーできます。

ただし1500cc~になると4リットルを超える車種が多くなりますので大きめのオイルタンク(5~7ℓ)を装備したオイルチェンジャーを選ぶことをお勧めいたします。

■エンジンオイルチェンジャーの注意点


車種などによってレベルゲージの穴径が細かったり、オイルパンの構造によってホースがオイルパン下部まで差し込めなかったりする場合もあるようですので、販売店の情報などを参考に購入することをオススメします。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005