This page:自動車の趣味超越log TOP > 自動車メンテナンス > エンジンオイル知識 > エンジンオイル粘度と選び方

エンジンオイル粘度と選び方

エンジンオイル粘度によるエンジンオイルの選び方の知識について。

このページでは低粘度エンジンオイルの効果や粘度がエンジンに及ぼす影響から考える、又はユーザーの使用用途に合わせた最適なエンジンオイル選びの知識を紹介します。

■エンジンオイル粘度分類


エンジンオイルの性能グレードはAPI規格によって表示されていますがエンジンオイル粘度についてはSAE粘度分類というエンジンオイル低温時と高温時の粘度を表す表示がされています。

SAE(アメリカ自動車技術者協会)により定められており、0w~60までの11段階の粘度指数によって表され数字が高ければ高いほど粘度が高い(硬い)エンジンオイルということです。

■エンジンオイル粘度表示の見方と知識


エンジンオイルの粘度はAPI規格のマークと一緒に表示されていますが別表示でも大きく表示されているのが一般的です。表示は以下のような感じです。

SAE 10W-30


最初のSAEはSAE粘度分類を宣言、API性能表示が宣言されている場合もあります。次の10wは低温粘度指数が10であることを表しWの表示はウィンターの頭文字なので低温側の粘度表示ということを解りやすくしたものだと思われます。

―(ハイフン)の次の30は高温側の粘度指数が30であることを表しています。このような粘度表示をしているエンジンオイルをマルチグレードと呼びます。

一方シングルグレードはSAE20など高温粘度しか表示しておらずコンプレッサーエンジンなどに使用することはありますが自動車用のエンジンオイルとしては一般的ではありません。

1,低温粘度指数について

数字の後にW表示がある低温側の粘度表示についてですが、この指数は低温時のエンジンオイルの流動性を表すもので-(マイナス)何度で凝固するか、ポンプ吐出圧力などの試験によって決められています。

この指数が低いほど低温時の流動性が高い(柔らかい)のでエンジン始動時などのエンジンが冷えている時に抵抗が少なくなるため、エンジン始動性が良くなったり燃費向上に貢献したりもします。

逆に低温粘度指数の高いエンジンオイルを選んでしまった場合エンジン始動性が悪くなったりエンジンのフィーリングが悪く(重く)感じられます。

この現象は特に冬季で気温の低い時にはかなり顕著に現れ、エンジン排気量の小さい車ほど大きな影響を受けます。(正確に言えば症状がわかり易い)

2,高温粘度指数について

ハイフンの後に続く番号が高温側の粘度指数になりますが、高温側の粘度指数が高いほど高温時にも粘度を保ち、油膜保持やせん断安定性に優れているエンジンオイルといえます。

高回転エンジン、ターボエンジンで高負荷運転をする場合はこの高温側の粘度指数が高いエンジンオイルを使用することで、高負荷時にエンジンを保護する十分な油膜を確保することができます。

ただし通常使用にもかかわらず高温粘度指数の高いエンジンを選ぶと高温時にもエンジンオイルの粘性が通常より下がらないため燃費が悪化するなどの症状が出ることもあります。

■エンジンオイル粘度と選び方と比較


エンジンオイルの粘度は詳しく書けばそれだけで一つのウェブサイトが作れてしまうくらいたくさんの情報がありますが要点だけ抑えて自分の車に最適なエンジンオイルを選びましょう。

1,省燃費性能の高いエンジンオイル選び

燃費を意識したエンジンオイルがいいのなら粘度分類表示0w-20のエンジンオイルを選びましょう。現在もっとも省燃費性能に優れたエンジンオイルです。

さらにエンジンオイル寿命や性能を重視したいのなら100%化学合成油もしくは部分化学合成油の0w-20のエンジンオイルを選ぶことをオススメします。

高負荷、高速運転の多用や高回転エンジン、ターボ付きのエンジンには適していないエンジンオイルなので注意しましょう。

真夏の使用時には5w-30、冬季には0w-20というようにシーズンごとにエンジンオイル交換のタイミングを合わせて使い分けるのもエンジン保護と燃費性能を両立させた有効なエンジンオイル選びといえます。(管理人の通勤車両はこの使い分けです)

推奨省燃費エンジンオイルはWAKO'S(ワコーズ)のZERO20がもっとも燃費性能に優れたエンジンオイル粘度の0w-20です。

2,スポーツ走行、高回転エンジンのエンジンオイル選び

ちょっとしたサーキット走行や高回転ターボエンジンの場合は10w-30以上のエンジンオイルがオススメです。

経済性、省燃費性能、と高温粘度での性能がもっともバランスしているエンジンオイルの粘度は10w-40だと言えます。部分化学合成油でもこのあたりの粘度のエンジンオイルが最も多く流通しています。

高温粘度指数40は日本の夏の外気温での高負荷運転にも十分耐えうるので、レースなどのよっぽどの高負荷であるか、チューニングエンジンでの使用でなければカバーできる油膜保持性能を持っています。

3,レース走行、チューニングエンジン、極限使用下のエンジンオイル選び

特殊な環境下での使用にはエンジンオイル選びも細心の注意を払いましょう。推奨エンジンオイル粘度はスーパーマルチグレードの5w-50や10w-60です。

もしくは低温粘度を犠牲にして高温、高負荷時に粘度指数を特化させた15w-50や20w-50などのエンジンオイルはチューニングエンジンなどの高温、高負荷、高回転領域で強力なせん断安定性をほこり、油膜を切らせません。

推奨エンジンオイルは、高温粘度指数最高値の60を叩き出しながらも低温粘度10wという超広範囲をカバーするスーパーマルチグレードエンジンオイルのワコーズ4CR-60です。

油膜保持という面であれば粘度の壁を越えた極性による油膜保持形成のエステル系化学合成油NUTEC-NC-50は外すことができません。粘度は10w-50のスーパーマルチです。
以上がエンジンオイル粘度と使用による選び方の簡単な説明になります。書き足したい情報は山のようにありますが厳選して内容を追加させていただくことにします。

%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E8%B6%A3%E5%91%B3%E7%94%A8.jpg

cms agent template0035/0036 ver1.005